ブログ

行き場を失った、お金2016年6月5日

平成28年1/1~4/1の主要都市部の高度利用地地価動向報告が発表されました。

調査地点100地区

上昇89

横ばい10

下落0

上昇地点が全体の約9割でした。

金融機関の不動産向け融資は89年のバブル期並みの10兆円を超え

日銀の政策でダブついた金融資産が不動産へ流れています。

しかし、住宅地の実需には疑問符が付きますね。

都心部や人気の住宅地では値上がりしていますが、

地方や郊外の住宅地では、まだまだ地価上昇まではいかないでしょう。

因みに小田原街中近郊の地価は下げ止まり感が出てきていますね。