ブログ

2045年問題コンピュータが人類を超える日2015年8月6日

日経新聞の記事を読んで思いだし、読み返した本
産業革命以後
イノベ―ションが繰り返し起こり
コンピュータやロボットの出現により、まず初めに工場で働く人の仕事が減り
やがて、人工知能の技術進歩により知識労働者の仕事も減るといわれていて、
それによって増々、貧富の差が拡大する。
科学者は人工知能を
究極的には超天才の人の脳と同じものを造ろうとしている。
将来的には、芸術や音楽など機械には出来なかった分野も
人工知能に凌駕されるので、
今から30年後の
2045年には人口の1割の人しか仕事に就けなくなるらしい。
これは、あくまでも学者の予想ですが、
現実的にありえそうですね。

なかなか面白い本なのでおススメです。

2045new