ブログ

人口が減るとすべてが委縮。2015年7月16日

今までの日本の住宅は、

地価が安く、開発しやすい

広い空地がある郊外へ住宅をつくり、

それに伴い商業施設ができるという流れで

開発が進んできたが、

少子高齢化によって

空家が増えると

国内のいたる所に、空洞化した住宅街が・・・・

住民がいなくなった住宅街でも道路や上下水道の整備、メンテナンス費用は掛かる。

その結果、また増税!

これを解消する為に

改正された都市再生特別措置法。

グランドデザインがなく

商業主義で行われていた街づくりが

変わろうとしている。

駅前に集中して、商業・医療・介護・住宅施設をつくり

インフラ負担を少なくする、コンパクトシティ化。

少子高齢化の時代を迎え

立地適正化計画策定の調査に入った、小田原市。

これからどう、変わっていくのでしょうか?