ブログ

増え続ける空家2015年7月3日

増え続ける空家

 

私は以前、南足柄市の借地権付建物を相続したのですが、当時住まいは別にあり

地代もかかるので、地代分と幾らかになればと思い、建物を貸しました。

ところが数年後、賃借人が退去してしまい、

地代の負担と植木伐採や草刈に悩まされるのでした。

 

空家になってから2年後、毎年の維持管理費と解体費を計算したら

解体したほうが得と判断。

消費税増税前に解体に踏み切りました。

見積金額はどこも、120万円を下りませんでしたが、

1社だけ90万円弱の見積もりがでたのでお願いしました。

ちなみに、解体費は毎年のように値上げになっています。

 

お金はかかりましたが、あの時決断できていなければ、

この空家に、いまだ悩ませれていたでしょう。

 

現在、日本の空家は約820万戸

住まなくても維持管理を行っていれば問題はないのですが、

放置期間が長引くと倒壊したり、不審者侵入や放火、不法投棄の危険性が増すなど周囲に悪影響を及ぼす空き家

 

空家を所有していると、維持管理費や税金は永遠とかかり精神的負担も・・・

使わなくなった、不動産は今はやりの断捨離で。