ブログ

印鑑廃止とFAX禁止2021年4月17日

最近、コロナの影響で見積書や請求書を郵送でやり取りする事が

敬遠され、メールでの添付送信を希望される方が増えつつあります。

当社ではメールでの書類送信はWordかExcelで作成したテキストを印刷して社印を押し再びスキャンしてからPDF保存して送信していました。

手間がかかりますが印刷してからポストへ投函するよりは良い。

しかし、紙代やインク代そして手間も かかり

作業効率も悪い。これを解消するには

電子印鑑がよいと作成してみました。

まずは会社の印鑑を紙に押し、それをスマホで撮影しアプリの透過機能で

印影以外を透過し印影を朱肉色にして出来上がり。

河野大臣は印鑑廃止を推進していますが、まだまだ慣習で申込用紙や見積もりに印鑑がないと

稟議が下りない会社が多いので、電子印鑑は便利ですのでお試しあれ。

話は変わりますが先の大臣はIT化を推進する為、役所でのFAX禁止まで

掲げだしました。

本当にこれが実現できたら少しは日本もIT化が進むのではと思います。

また当社でもFAXは受信は勿論、送信もほぼ使用しなくなりましたが

まだまだ体質の古い企業は受入れできない所もあります。

つい最近、おきた出来事ではCMでよく耳にする馴染み深い大手企業様との

契約書類の件で、会社表記をタイピングし印鑑を押印してPDFでメールしたら

なんとこの企業様は表記は手書きでFAXで送れと言ってきました。(こちらが客なのに)

担当に理由を訪ねたところ、かえってきた返事が改竄防止と本人確認できないからと・・・

開いた口が塞がらなかった。

私のイメージだと、この企業は先進的でIT化がなされている感じでしたが

私の思い違いでした。