ブログ

相続登記が義務化?2021年2月7日

政府が「所有者不明土地」の対策を本格化させ

通常国会に法案を提供する。成立すれば2023年度から相続登記が義務化される。

 

現在の相続登記は任意ですが、改正法では3年以内に登記をすることを義務化。

罰則も適用され

登記しないで督促にも応じなければ10万円以下の過料にと厳しい処置となる。

 

しかし相続登記は、相続人による合意が必要で親族での合意が出来なければ

10万円が募集されてしまう。

このようなに遺産分割がスムーズにいかなっかた場合の救済として

今回の法案では相続開始から10年を経過すると原則として法定相続割合で分けるようになる。

相続で揉めている親族にとっては朗報かも(共有にしなければ)

 

でも10万円が・・・涙

また、田舎の寂れ場所の売れない貸せない土地も救済される。

10年分の管理費を国に支払えば国が

引き取りをしてくれるそうだ。

 

こちらのケースは以前から相談が多く解決策がなっかたので、本当に救われる人が増えるだろう。

少子高齢化の日本では相続でのトラブルが後をたちません。

今回の改正で少しも相続がスムーズに行えることを祈るばかりです。