ブログ

お家騒動の末路。2019年12月12日

経営方針の相違の果て

父大塚勝久氏を締め出した大塚久美子社長率いる

大塚家具がヤマダ電機との業務提携、実質子会社化が決まった。

大塚家具といえば、会員制高級家具ブランドで急成長した超優良企業です。

当社も建売でのハウスステージングは大塚家具さんに、お世話になったので、

とても残念です。

 

今回の子会社化を進めたヤマダ電機は、住宅・電気・家具とシナジー効果を期待

している様ですが、実店舗による物販は過渡期ではと思われます。

 

アマゾンの台頭。

家電はおろか、あらゆる物が、ワンクリック決済で翌日には届く

さらに価格が安い。

 

ヤマダ電気の様な実店舗には厳しい時代。

PCやスマホを扱える方には実店舗はモデルルームでしかない。

近い将来、(現在進行形)実店舗は、商品を確認するだけの場所になり

実店舗でサイズ、質感、価格を確認して

アマゾンでの購入がスタンダードになるでしょう。

実店舗は高い家賃や経費を支払い、アマゾンの為に商品宣伝をしている様なものです。

アマゾンに対抗するには汎用商品ではなくオリジナル性の高い商品で勝負する、

かつコンサル的な対面接客で、提案営業をするしかないと思います。

そうなんです。

かつての大塚家具の営業手法ですね。

皮肉なことに、大塚家具から出た大塚勝久氏は富裕層をターゲットに

匠大塚を立ち上げ、現在は絶好調と聞きます。

流石は創業者ですね。