ブログ

今年もあと1ヵ月2019年12月1日

早いもので今年もあと1ヵ月。

新天皇が誕生し元号も令和になりましたが

増大する社会保障費、少子高齢化、格差拡大

ニュースや新聞紙上で踊るこれらの文字に

何とも言えぬ閉塞感が漂います。

そんな中で経済に目を向ければ

クレマン・ジュグラーが提唱する景気循環論

ジュグラー循環によると景気循環は10年サイクルで

拡大、縮小を繰り返します。

 

 

リーマンショックから約10年

今年から来年にかけ経済危機が起こりそうな兆候がちらほら

出始めていて、金融市場では世界中の緩和マネーが投資先を探し

シャドーバンクやジャンク債等、ハイリスな市場にまでも

緩和マネーが流れ続けた結果。

壮大なババ抜きが始まろうとしています。

実態経済はというと

米中貿易戦争の影響が

サプライチェーンを基盤とするグローバル企業に

大きな打撃を与えていますし、

また、地政学リスクの高まりから

先行きの不透明感が増大しています。

 

 

日本では、消費増税があり経済の先行きも暗いですが

このまま経済が順調に推移する事祈るばかりです。

 

来年は無事、東京オリンピックが行われますように。