ブログ

平屋住宅が増えている?2019年9月12日

本日はだいぶ暑さも和らぎ

過ごしやすい1日になりそうです。

それにしても、ここ最近の夏の暑さは滅入りますね。

地球規模の環境変化なので仕方がないですが、

サマータイム等で人間が順応していかないといけませんね。

さて、平屋住宅が増えているというお話ですが

これは小田原市に限ってのお話です。

小田原市隣接の秦野市や平塚市では、まだ平屋の売り物が散見されませんし、小田原市だけは平屋の建売や建築が増えつつあります。

 

何故ならここ3~4年前から肌感覚で思っていたのが、お客様のニーズの多様性です。

それ以前では、家族構成やライフスタイルの変化などを見こして、プランニングをされておらず、ビルダー系建売もメーカーの注文住宅も判を押したように2階建て4LDKが主流でしたが

最近では顧客ニーズに変化が生じたのか多様性に富んでいます。

中でも平屋住宅は老後や介護生活への不安から、階段がなく使い勝手が良いので

増々需要が高まるのではないでしょうか。

しかし、イイ事尽くめの平屋住宅にも欠点があり注意が必要です。

 

1.建築コスト、これは1階部分だけなので基礎面積が増える為です。

また地盤改良に係るコスト増も見込まなければなりません。

 

2.二階がないので屋根からの熱での暑さ対策が必要。

 

3.敷地が広くないと日照や通風が確保できない。

 

 

以上を勘案すると、ほぼほぼ金銭で解決できます。逆に言えば平屋は高級品なのです。

また、どうしても平屋が欲しいが予算的に厳しい方は平屋の建売住宅や中古住宅を検討されるのも一案です。

 

 

 

 

※台風15号による被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。