ブログ

資格商法なのか?2018年11月10日

FPの資格は業務独占資格でないため、ファイナンシャルプランナーに関する

仕事はFP資格がなくても行うことが可能です。

また、資格取得をしていない者がFPやファイナンシャルプランナーと名乗ったり、

名刺に記載して業務を行うことも法律上は問題がありません。

そんな資格のファイナンシャルプランナーAFPが

今年の12月に更新予定で

更新するのに1科目3単位の試験を行い

15単位を取らなければなりません。

都合5科目で4500円の受験料

2年ごとの更新で別途年会費も取られる。

また、AFPの上位資格であるCFPの更新には30単位も取らなくては

なりません。

2年ごと9000円もかかります。

日本FP協会では、CFP資格の取得を推奨していますが、更新手数料の為?

としか思えません。

また、更新時の単位取得でCFP試験1科目7.5単位(全6科目)という事で、前回更新時には、

まんまと商法に嵌って勉強し2科目取得しましたが、

テキスト代や試験会場までの交通費を考えると???です。

ちなみに、皆さんのなかにはAFPとかCFPなどの資格を知っている方は

どれだけいるのでしょうか。

金融機関や保険会社お勤めの方なら知っているとは思いますが、

まあ、名刺の飾り程度でお金をかけた分のリターンはあまりないようです。

ちなみに今年の7月に更新した損害保険募集人資格は

保険代理店や保険勧誘をするにはこの資格がないと行えません。

5年ごとの更新で

4科目更新料が3900円

コスパを考えると、どちらがお得か明らかですね。