ブログ

日経トップ記事を読んで思う事2018年10月26日

住宅ローン減税の期間延期

「政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙い。」

 

住宅ローン減税に住宅エコポイントと政府はあの手この手と

増税後の反動減を和らげる為に画策しております。

 

住宅ローン減税はそもそも、所得税を沢山、払っている人しか恩恵はないので

地方のボリューム層は購入意欲減退でしょう。

また、住宅エコポイントは住宅の仕様に条件があるので、これも不公平感は否めない。

 

 

毎度の事、増税の度にバラマキ政策

消費税という火を付けながら、片方では必死に火を消すマッチポンプ政策

はたして鎮火するのか?

どうせバラまくのなら、大盤振る舞いで、住宅購入者全員に一律100万とかの

補助金を出せばいいのにと思います(笑)

 

 

でも一番の景気対策は増税中止ですね。