ブログ

恐ろしいほどの生命力?2017年9月19日

恐ろしいほどの生命力?

 

みなさんこんにちは。

朝夕の温度差が激しく

体調管理も大変になってまいりましたね。

今朝も日課の散歩を済ませ、定番の味噌汁を作り

朝食を済ませ

朝のお通じで

ゲゲ・・・・!

血が!(-_-;)

多分、「あ・そ・こ」がキレたとは思うのだが、

ちょっと不安?

大病をした後だとチョトの体調の変化が気になるものだ。

齢51にもなると、体のあちこちにガタがくる

家で例えれば築51年

査定価格0円だ。

これからは、メンテナンスをしながら

体を大事にしなければと思います。

 

話は変わりますが、

小学生の時、毛は体の大切な部分を守るために

人類が進化の途中で残したものと

学校の先生に教わった記憶がありまして

今回はその「毛」についての

お話をします。

 

私は、今年の3月に入院し外科手術後、抗がん剤治療をおこないました。

皆さんもご存じの通り、抗がん剤は、がん細胞はもちろん

正常な細胞もすべて殺してしまう強い薬なので、

副作用の影響で髪毛・眉毛・まつ毛・ひげ・すね毛や腕毛などの

体毛まで抜けてしまいました。

一時、本当に毛という毛がなくなり、

入浴時に風呂の鏡に映る自分の姿は、まるで宇宙人。

しかし鼻毛だけはしっかりと生えていました。

なんと1本も抜けなかった。

まゆ毛や睫毛のように目を保護する毛より

呼吸をつかさどる鼻毛の方が重要と遺伝子レベルで

私の体が判断したというのか?

人体の神秘だ!

そんな鼻毛が退院後も、他の毛とは一線を画し

ものすごい剛毛へ成長、また伸びすぎて

鼻から顔をだし異常にムズムズする事態に。

伏線があったので、こうなるだろうと予想はしていたが、

ムズムズが、どうしても気になってしょうがないので、

女房殿が眉毛のお手入れに使用している

小さなハサミをチョット拝借して

鼻毛を切っていたところ、女房殿に現場を押さえられ

相当叱責された。

おかげで、まゆ毛用ハサミと鼻毛切ハサミを買わされ

痛い出費となりました。

 


 

人間の体は不思議だ、最もほしい髪の毛は生えてこないのに

鼻毛は鼻の保護を通り越して鼻の外にまで守備範囲を広げている、

因みに耳毛は自分では見えないので・・・・

どうなっているのだろうか?

とても気になる!