ブログ

手抜きブログ記事2017年9月15日

ステロイド減薬による離脱症状

 

現在、私が経口している薬剤はプレドニンゾロといって副腎皮質からでているホルモンを

化学的に合成した薬です。

炎症抑制や免疫系の病気、アレルギー等に効果がありますが、副作用が多い薬としても

有名です。

また、諸刃の剣と形容されたりもしています。

私の副作用は、食欲増進、高血圧、高血糖、不眠症、多尿、手の震え、倦怠感など出ましたが

これでも私の副作用は軽い方だそうです。

そして薬の副作用と戦いながら経口治療が進み

病状が改善してきたので、医師の指示のもと薬の量を徐々に減らす事に。

しかし減薬による離脱症状はハンパではなかった。

 

症状としては

 

眠い。

兎に角、眠く夜は9時に就寝6時に起床、睡眠時間9時間でも眠い。

また、車の運転はかなり危険。長い距離は運転しないよう心がけています。

 

思考停止

思考停止これが一番困る、仕事がコンサル業なので、法務・税務等多岐にわたる知識を

横断的に駆使し業務をこなさねばならず、仕事にならない。

 

倦怠感(体に力が入らない)

眠気とリンクしているのがこれ

兎に角ダルイ

根性で克服できるような次元ではない。

 


 

まとめ

減薬時から4・5日は離脱症状が出るため

仕事をセーブしています。

また、このブログを見ても、

お分かりだと思われますが、

正直、ブログを書くのもツライです。

朦朧のなか書いています。

誤字脱字、内容等不明瞭な点があった場合はお許し下さい。