ブログ

ポジティブ思考は体に良い?2017年9月14日

数週間ぶりの定期健診

大学病院呼吸器内科へ

季節の変わり目か台風接近で気圧の変化によってなのか

診察室前はいつもより、咳をする患者が多い

それも尋常ではない咳のしかたで、発作でも起こす勢いで

咳き込む方が多い。

それにしても、病院というところは待ち時間が長い

予約時刻は14時受付だが、待たされることを想定し早めにと

11時30分に受付を済ませたが

診察が終わったのは15時30分

それから薬局によって16時10分

なんとか、ならないものかと、いつも思う。

 

診察結果はと言うと、血液検査は問題なし

画像診断は、一部影があり腫瘍ではなく肺が潰れていると説明された。

まあ、順調に回復している?

・・・と思う?

もっと前向きにとらえ順調・順調と考えられれば良いが

私は元々、超が付くほどのネガティブ思考の持ち主

癌の治療の際も、家族や友人、知り合いの方色々アドバイスを頂き、また

ネットの記事等でも書かれている、「ポジティブ思考が免疫力を上げる」と

医学的に証明されているらしく?

「前向きに」とさんざ言われたが

何十年もネガティブ思考で生きてきた人間が、「あ・そうですか」と、いきなり

ポジティブ思考にはなれるはずもなく、

病気の事をうじうじと考えてしまいます。

また、自分を例にしても一概にポジティブ思考が、すべて良いのかと勘ぐってしまう

私の場合、3クール行った抗がん剤治療も1クール施術後、癌が消えていて、

腫瘍マーカーも正常値まで落ち着いたからです。

私と同じ病状で3クール投薬しても腫瘍が消えるのは、わずか約15%~20%

残り80%以上は癌が残るそうです。

私が思うには、ポジティブ思考が免疫力を上げるかどうかは、定かではないが

ポジティブ思考が良い、ネガティブ思考は悪と決めつけ

無理矢理に考え方を変えようと努力した結果、

中々、思考を変えられないジレンマで

自分自身に罪悪感をおぼえて、

余計なストレスが生じれば本末転倒。

 

無理に考えを変えるより、

自然体が一番!

また、病気が治るか治らないかは別問題で

「運しだい」だと思います。

なぜなら、超ネガティブ思考でも治る場合もあるし

超ポジティブ思考でも助からない場合もあるからです。