ブログ

北朝鮮問題と外交2017年9月4日

今日はテレビを始め新聞各社

どれも北朝鮮の核実験一色

 

北朝鮮にとって、これこそ思うツボ。

日本の報道は極端すぎる

危機を煽りすぎ

心配し過ぎ。

 

北朝鮮からの先制攻撃は絶対ない。

日米韓のいずれかの国に対しまたは、同時に攻撃を仕掛ければ

北朝鮮は消滅する。

キムファミリーはそんなことは望んではいないだろう。

 

 

北朝鮮は核保有を認めさせ、経済援助を引き出そうとしている。

だが、トランプ大統領は元々ビジネスマン、

北朝鮮問題については、経済制裁をやりつつ

Twitterでつぶやくだけ、無視をする作戦らしい。

この方法だと一番お金がかからない。

 

北朝鮮はこれをやられると、焦れてまた挑発行動に出るが

無視をし続ければ良い。 (米世論が騒がないと仮定)

そうすれば、

焦れた北朝鮮は、裏でICBMのエンジンや

核開発を援助してきたロシアや

経済支援をしている中国に

救済を求める様になるだろう。

北朝鮮の崩壊を一番恐れる両国にとっては

追加援助は致し方なくなるだろう。

 

日本も

眞子さまの婚約が決ったことだし

小室圭さんの座右の銘ではないが

「Let・It・Be」で行けばよいではないか。