ブログ

今年の夏は雨ばかり!2017年8月25日

8月も後半になり、今年は雨ばかりの夏でした。

やっと、ここ数日は晴れ間が出て猛暑に・・・・

この暑さだとエアコンなしでは夏後半を乗り越えられない感もあります。

そこで気になるのは、エアコンの効きと電気代。

 

先日、当社施工のお客様宅を訪問したところ玄関先なのに、かなり涼しい。

お客様に聞いたところ夏は室内ドアを開けはなしエアコンはリビング

1基しか稼働しないとの事、それでこの涼しさ。

もちろん以前の家と比べ電気代も激安になったそうで。

さすが、省エネ最高等級をとった家だけの事はありますね。

それでも建築家の先生や大工さん等、建築のプロの中には

「家つくりは夏を旨とすべし(徒然草の一説)」

高温多湿の日本では暑さや湿気対策が最も重要。

建物も長持ちし住む方にも健康的という事で今の工法を真っ向否定される方もいる。

庇は長く、開口部を広く通気換気を良く、基礎は高く、まさしく神社仏閣の造り。

しかしながら、いまの建築工法は高気密高断熱、高耐久の為、窓は極力小さくが主流。

確かに、建物を長持ちさせる為だけを考えると昔の造りは合理的なのかもしれませんが

現代の夏は、エアコンもつけないで自然風だけで過ごせるような

暑さではないような気がしますし、空調の効きが悪くては、電気代もかさみます。

若い方なら体力もあるし、多少の暑さなら根性で乗り切れるかも?

年配の方などは、それこそ命にかかわる事も。

また、最新の工法と昔ながらの工法をミックスさせた、ハイブリット的な工法もあるが

不可逆的なメリットしかでない可能性もあり悩みどころです。

尚、どの工法をチョイスするかは年代、生活スタイル、予算等で意見も分かれ

建物のビジュアルも含めた好みが多様化する昨今では

この工法が一番とプロがゴリ押しするのはいかがなものかと思います。

※個人的には最新の工法で空調を上手く使い、自分の思い描いた生活スタイルを体現し健康的にすごせる家がベストな気がします。

吉田兼好風にいえば「家つくりは、ライフスタイルを旨とすべし」ですかね。

兼好