ブログ

家を買うとき相談する相手は誰?2017年8月22日

家を買うとき相談する、しない、どれが正解?

1ほとんど相談しない。

2両親に(資金提供者)

3不動産・工務店・ハウスメーカーの営業

4設計士

5素人の友達(家を購入してかなり詳しい)

 

1がほぼ正解。

しかし条件付。

自分でネット検索して情報を集めましょう。

また、住宅・建築の専門書できれば簡単に分かるもの最低5冊は読みましょう。

フラットの仕様書を購入しましょう。

フラット

こちらは、かなり細かい部分まで建築の構造施工が分かります。

住宅ローンについては、ネット検索すれば、たいてい理解できると思いますが

建築については専門知識が必要となり事前に知識武装しないと、不動産屋や工務店

ハウスメーカーの営業にしてやられる可能性大。

これくらの、予備知識でも勉強していない営業マンには互角以上のやり取りが出来る。

勉強した内容を質問等し営業マンが答えられなければ、その会社で買うのを見合わせるか、商品や物件が気に入っていれば営業担当をかえてもらおう。

 

2は、お金はだしてもらって、口は出させないほうが良い。

どうしても、口出ししてくるようなら、資金提供は断る。

何故なら、資金提供を理由に同居(2世帯住宅)や介護を迫られる可能性大

 

3は、知識がない状態でいくのはNG、

ブランド好き、権力に弱い方は、大きい会社にいくほど、洗脳される可能性大

見た目は気にしない、安ければなんでもタイプは、安物買いの銭失いになる可能性大

 

4は、まあ、設計士しだいかな。これも良い設計士かどうかを調べるのは

難儀なことで、現実性がない。

 

5は、参考程度なら良いかも

 

※家を買うのは一生に一度あるかないかです。

知識武装すれば失敗する可能性は低くなり

ますので、自分の事ですからまずは勉強を。