ブログ

小田原市及び近隣市町村の不動産相場とこれから2017年8月7日

当社は土地を仕入れたり分譲したりするので市場相場の調査は大変重要な作業の1つなのですが、しばらくの間、入院していた為、小田原近郊の不動産相場が分からなくなり

同業者周りを開始した。

何故、足を使った人海戦術なのかというと

ポータルサイトやネットの情報と実際に取引される価格は乖離があり

生きた情報と言えないからである。

数件回るうちに分かった事は、ここ最近の小田原近郊で家を探されているお客様の動向が特殊だという事。

首都圏を中心に、現在では徒歩10分以内でないとなかなか売れないと聞き及んでいますが、

小田原近郊は違うようだ、駅から遠くても広くて値段さえ安ければ売れている。

それだけ、電車で通勤している方が少ないのか?

今後、買換えする予定がない方が多いのか?

また、この状況がいつまで続くのか分からなないのが厄介である。

現在は売れていても3か月先、半年先まで予測を立てないと、仕入れた時点では売れると予測をたてても、商品として仕上げ販売する時には、売れなくなるという事になったりもする。

現時点では自分の感覚で相場観を磨きながら決断していくしかないですが、

将来的には、AIがビックデーターから解析し正確に売れる売れないを判断する時代に

なるのではと思います。