ブログ

敷地別プランニング2015年10月12日

敷地の大きさ、周辺環境によって間取りは大きく変わります。

郊外の大きな敷地であれば1階を中心とした間取りになり都市部

であれば外側にあまり開かず内側で簡潔にまとまる間取りになり

ます。

●郊外型ベーシックプラン

郊外の敷地は周辺環境に恵まれていることが多いので外部空間を

積極的にとりいれることを重視し庭も活用でき豊かな生活空間

になります。例えば庭に第2のリビングを設けることにより空間

に広がりを持たせる。などある程度の自由なプランニングが

可能です。

 yjimageG23XS80H

●都市型・狭小地ベーシックプラン

都市部においては敷地が狭いことが多い。一方都市部の為周辺環境

に恵まれ生活の便がよいという大きなメリットもあります。

そのため暮らしやすさに配慮したプランニングが必須です。

例えば1つの部屋に多様性をもたせる。洗濯物を畳んだり、

子供をあそばせたり、LDKには子供が勉強したり読書をする

スペースとして利用できるフレキシブルに使えるスペースを設ける。

効率の良い収納スペースの確保。

部屋の配置、吹き抜けやトップライトなど活用し日当たりや通風を

確保することも重要となります。

CIMG1680