ブログ

運気を上げる風水術(建築プラン編)2017年8月20日

運気を上げる風水術

今回は、運気が上がる風水

風水は、占いというより、日本の方位学の究極バージョン

建築プランを作成されるときご参考に。

 

 

風水術1:玄関は人間でいう口にあたる。

門と玄関が1直線上にあるのは避けるべき、あえて少々ずらすのが良好。玄関とトイレが1直線上に並んではいけない。特にトイレのドアが玄関に向くのはさらに凶。玄関の前に大きな木や電柱があるのは良くない。玄関や門が大きくて家が小さいのは良くない。

 

 

 

風水術2:リビング・ダイニングは家の機能の心臓。

広すぎるリビングは宜しくないとされている。ダイニングがトイレと寝室に向き合ってはいけない。

 

 

 

風水術3:キッチンは家族の健康をつかさどる。

キッチンを南西に置くのは大凶。コンロの火が外から見えるのは良くない。キッチンとダイニングは仕切るのが吉。

 

 

 

風水術4:トイレ・浴室は排泄口。

トイレを家の中心に置くと主人が病気になる。トイレのドアノブが北に向くのは良くない。風呂を寝室の隣に置くのは良くない。トイレを台所の隣におくのは良くない。

 

 

 

 

風水術5:寝室は玄関と並んで大切に。

寝室と台所が隣り合うのは良くない。箪笥長持ちを置くのは良くない。子供部屋は西にとってはいけない。東側が吉。

 

 

 

※上記の風水術がプラン的にできない場合は水槽を。

金魚か鯉を飼うことは、その家の人物の身代わりとなって不運を吸収してくれると信じられています。
理想的な組み合わせは8匹が黄金、または赤で、1匹が黒の金魚です。
飼う場所は寝室、トイレ、台所は避けて下さい。

簡単ではありますが、間取りで注意すべき点です。本来は生年月日や家宅方位を正確に測り、土地の運気も見なくてはなりませんが、詳しくは

小田原の株式会社ベストハウジングまで

金魚