ブログ

パンデミックが近い?2020年2月21日

 

新型コロナウィルスが日本で蔓延してきた。

マスコミや政府は情報を隠蔽している可能性が高い。

ネットや動画では、いろいろな憶測や中にはフェーク情報も

飛び交ってはいるが、すべてが嘘とは思えなくなって来た。

政府の水際対策の失敗や、マスコミが報道する楽観論

と実際におこっていることの乖離を見れば一目瞭然。

マスコミの楽観論だが致死率が2%なので怖くないと公言しておりますが

この数字は懐疑的だ。

まず中国が発表している数字自体が信用できない。

感染者データーをみると50歳までが1.3%以下で、60歳以上が3.6%

70歳以上が8%、80歳以上が14.8%と年齢が上がるごと致死率も上昇し

日本の総人口のうち約3割を占める65歳以上がかなり危険にさらされることになる。

また、無症状の陽性患者が厄介だ。

自覚症状が無いため感染を拡大させる恐れがある。

そして最も恐れている事態が起きた。

一度回復した患者が再感染したのだ。

今回のウィルスは抗体が長期間持たないらしい。

そして湿度にも強くエアゾール感染もし対策がしづらい。

何度も感染を繰り返せば、治療薬ができない限り

感染は止まらないことを意味する。

パンデミックが起こる可能性が現実化してきた。

 


国もようやく不要不急の外出や集会、コンサート

人が集まるイベントは自粛とのアナウンス。

韓国でも集会で集団感染しているし当然の対応だと思います。

そんな中、危機管理能力があるサンリオは休園を発表した。

かたや千葉にある某夢の国は、中国人客を構わず、

来園させている。

このような非常事態ほど企業の経営姿勢がよく分かる良い事例だ。