ブログ

2018年1月23日

昨日の雪はすごかった。

暖かい小田原地区は夜8時頃には雨に変わり路上の雪も

早々に解けて、すっかり平常に戻った。

しかし、都心では公共交通機関や幹線道路・飛行場がマヒ状態。

何と渋谷駅でバス待ち2時間30分を優に超えるとかで大変な状況になっていました。

ズ

 

 

これも、仕事や住まいの都心一極集中の弊害、人口密度が高いため自然災害に

非常に弱いところを露呈。

そんな中、都市のマンション価格が27年ぶり1989年バブル期を上回る過去2番目の水準まで上昇した。

値上がりの背景は、これまた都心一極集中。

仕事を求め都心へと人が集まるのは必然、通勤圏で住まいを求め都内の駅近物件へと集中し価格を押し上げる。

しかし、20~30年後AIやITの技術的進歩でテレワーク・在宅勤務など働き方が大きく変る可能性がある。

会社に出勤することも減り、

都心に住む動機がなくなり需要も減り価格下落も想定される。

 

将来は満員電車でストレスを抱える事も、物価の高い場所で生活することも、なくなる日が訪れるかもしれない。