ブログ

新築か中古か2018年1月19日

行政で行う空家バンクや中古のインスペクション(住宅診断)で

新築から中古住宅流通促進に向け舵を切り始めたお上だが

思うように機能していない様だ。

中古住宅の流通量が少ない日本では新築信仰が根強いのが原因とよく

言われますがホントでしょうか?

 

神奈川西部の不動産事情でいえば、確かに新築を望む消費者が圧倒的に多い。

しかし、この理由は価格であると思われる。

実際に築浅の中古物件価格は、新築物件との価格差が僅差の為、各種優遇税制がある新築のほうが、お得感がある。

また、古くて建物価格がほとんどない物件では、耐震補強やリフォーム、購入後の設備寿命を考えると、やはり新築が得。

設計間取りや工法材質、設備等も原因の一つと考えられますが新築価格を凌駕する圧倒的な価格差がないと、中古住宅の流通と空家解消には結びつかない。

また貸すという手段もありますが、某市の空家バンクの価格を見ても高いの一言。

中古物件流通には価格見直しでしょうね。