ブログ

金持ちケンカせず! 相続編2017年10月6日

金持ちケンカせず! 相続編

 

それやぁ金持ちだって喧嘩ぐらいしますよ。

 

でも、こと遺産分割に限っていえば話は別

 

 

資産5000万円以下の場合76%

 

資産1億円以下の場合13%

 

資産5億以下の場合7%

 

資産5億超の場合が0%

 

この、数字何だかわかりますか?

遺産分割で揉めて、話がつかず調停に持ち込まれた資産額別の割合です。

資産5000万円以下が何と驚きの76%

資産5億を超えると0%

この統計を見ると、一目瞭然ですよね。

 

それでは、何故、資産家は遺産分割で揉めないのか紐解いていきましょう。

 

相続が開始して気になるのは、相続税の納税

まあ、相続財産が基礎控除以内であれば申告は省略できますが。

例えば、夫・妻・子A・子Bと4人家族と想定しよう

夫が亡くなれば、相続人は3人基礎控除額が4800万円

相続財産が4500万円なら、相続税0、税務署への申告もいらない。

 

しかし、相続財産が基礎控除額を上回った場合

節税の為、税金の控除(小規模宅地の軽減・配偶者特例)を受けるためには、相続開始から10か月以内に遺産分割を済ませ申告納税をしなければなりません。

どうしても間に合わない場合には、後日、更正の請求ができますが、ただし、請求ができるのは、分割のあったことを知った日の翌日から4か月以内となっています。

10か月って、あっという間ですよね。

と、いう訳で相続財産が多ければ多いほど、各種控除を受けたいので時間的制約によって

また、各人もらえる財産も多いので、相続人同士が早めに妥協するのと推察される。

 

話は前後しますが、たっぷり時間がある上記の申告なしのケース、

こちらは、揉める要素がてんこ盛りなのです。

今回は、事例が多過ぎるので、割愛しますが上記統計が示す通り

割と一般的な、家族構成で少額資産の家ほど、相続争いがおきやすいという事です。

 

仕事柄、かなりの相続を見てきましたが

ここの、家は揉めないだろうと、高をくくっていた

仲の良い兄弟姉妹が、親が亡くなった瞬間

人が変わったように、

何年も揉めたりする。

 

 

結論、

全ての遺産分割が揉めるとは、

一概には言えませんが。

揉めないようにする対策は非常に難しいのです。

 

自宅の土地建物と多少の現金があれば、5000万円近くになる。

これくらいの財産をお持ちの方は、相続で揉める可能性が高い。

よく一般的に言われるのが、被相続人が遺言書を書く

兄弟姉妹、日ごろから交流し、相続前に話をするとか

言われますが、結局は気休めの様な気がします。

血が繋がっていても、金銭が絡むと話は別の世界へ

相容れない関係になってしまう。