ブログ

台風被害と火災保険2019年9月24日

連日の台風被害の報道を見ると

想像をはるかに超える被害が起きていますね。

自然は突如、牙をむいて襲てきます。

平穏な暮らしが一遍し過酷な現実が待ち受けます。

今回の台風は風被害が甚大で千葉県だけで屋根被害はおよそ

2万戸を超えるそうです。

今の段階ではブルーシートで応急処置をしていますが、

ブルーシートも野地板等に定着させる正しい施工をしないと効果は期待できませんので注意が必要ですね。

また、屋根破損で問題なのは2次被害で雨水の進入よる

や構造体の劣化やカビやそれに伴う臭い。

これを防止するには早急の補修工事が必要なのです。

 

後は費用の問題ですが

台風での被害では火災保険適用になります。

屋根破損は一部損壊で修理工事費は支払われますが

見えない箇所(壁内の浸水、)はどうなるのでしょう。

補修を請け負う工事業者や設計事務所の見解にもよりますが

保険会社によってはカバー出来ない部分もあるのではないでしょうか。

また、突風被害が酷かったゴルフ練習場の支柱の倒壊などは全損扱いになるとは思いますが建て替えとなると、保険加入時から10年以上経っている場合(当時は一括払い主流)、当時の保険金額では賄えない可能性が出てきます。

なぜなら、ここ数年の建築費及び解体費の値上がりが顕著だからです。

ゴルフ練習場は、支柱の撤去は行うそうですが、建て替えを含めた住民への賠償は

しないと言っています。

住民がゴルフ練習場を相手取り損害賠償請求の集団訴訟を起こしても、現実問題、

時間はかかるし相手が破産をすれば、お金はとれない。

住宅ローンを抱え保険金で賄えない場合、自己負担が増える

あとは行政の補助金でどこまでカバーできるのかです。

自然災害が増える現在、損害保険の役割は増すばかりです。

 

※損害保険の保険金額は経済状況も加味し更新時には見直しは必要ですね。

平屋住宅が増えている?2019年9月12日

本日はだいぶ暑さも和らぎ

過ごしやすい1日になりそうです。

それにしても、ここ最近の夏の暑さは滅入りますね。

地球規模の環境変化なので仕方がないですが、

サマータイム等で人間が順応していかないといけませんね。

さて、平屋住宅が増えているというお話ですが

これは小田原市に限ってのお話です。

小田原市隣接の秦野市や平塚市では、まだ平屋の売り物が散見されませんし、小田原市だけは平屋の建売や建築が増えつつあります。

 

何故ならここ3~4年前から肌感覚で思っていたのが、お客様のニーズの多様性です。

それ以前では、家族構成やライフスタイルの変化などを見こして、プランニングをされておらず、ビルダー系建売もメーカーの注文住宅も判を押したように2階建て4LDKが主流でしたが

最近では顧客ニーズに変化が生じたのか多様性に富んでいます。

中でも平屋住宅は老後や介護生活への不安から、階段がなく使い勝手が良いので

増々需要が高まるのではないでしょうか。

しかし、イイ事尽くめの平屋住宅にも欠点があり注意が必要です。

 

1.建築コスト、これは1階部分だけなので基礎面積が増える為です。

また地盤改良に係るコスト増も見込まなければなりません。

 

2.二階がないので屋根からの熱での暑さ対策が必要。

 

3.敷地が広くないと日照や通風が確保できない。

 

 

以上を勘案すると、ほぼほぼ金銭で解決できます。逆に言えば平屋は高級品なのです。

また、どうしても平屋が欲しいが予算的に厳しい方は平屋の建売住宅や中古住宅を検討されるのも一案です。

 

 

 

 

※台風15号による被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

人口減の影響が出始める。2019年9月1日

夏休みも終わり

新学期が始まりますね。

小学生の頃、夏休みの宿題をため込んで

間際になり泣き泣き宿題を、こなしていたこと思い出します。

そんな懐かしき時代の南足柄市立岩原小学校が2020年から2031年までに

少子化の煽りで、統廃合がきまった。

その他、統廃合が決った小中学校は

向田小学校、足柄台中学校、福沢小学校、北足柄小学校

これらの学区近郊の場所は増々子供が減るというスパイラルに入り

少子高齢化が加速する恐れがあります。

私の見込み違いなら良いのですが、

この地区の不動産価値が下がり、

流通が困難にとならないことを祈ります。