ブログ

熱い夏 感動の一戦2019年7月26日

普通の公立中学の野球部が努力と根性で

全国優勝をした名門私立中学を負かすという

漫画 「キャプテン」を彷彿させる

試合があった。

昨日行われた全国高校野球神奈川大会準々決勝

横浜高校対県立相模原高校戦

前評判では神奈川四天王の横浜には歯が立たないとの予想を

覆し県相が5対0から逆転し8対6で勝利した。

横浜は言わずと知れた全国区の強豪チームで、

全国から有望選手を集め、設備やスタッフは一流

まして、エースはドラフト候補。

たいして県相は、神奈川でも屈指の進学校で野球が上手くても

勉強が出来ないと入学できなない為、選手層も限られてくる

設備に至っては陸上部と共有とか。

このような不利な条件下で格上の相手を攻略し勝利した県相野球部には頭が下がる。

何事も工夫と努力で克服できる事を証明してくれた試合だった。