ブログ

2022年問題・生産緑地について2017年8月31日

今日は、新聞に掲載されていた2022年問題・生産緑地について

噛み砕いて、お話したいと思います。

生産緑地とは何ぞや?

 

皆さんがお住まいの近所や最寄駅の近くに、こんな良い場所が田んぼや、畑に・・・

「アパートとかマンションを建てればいいのになぁ~」

ホントもったいないと、いう場所ありませんか?

おそらく、このような場所が生産緑地なのです。

 

生産緑地は農業を続けることを条件に

固定資産税を約200分の1に、おまけしますよ、という制度

1992年に制度が始まり30年たてば生産緑地を市町村が時価で買いとるか

農業を続けるなら10年は延期でき、農業を辞めれば生産緑地は解除。

おおかた、現在の市町村はどこも財政がキツイので、時価での買い取は現実性がなく

実際には生産緑地は解除になるケースがほとんどではと、思われています。

解除になった生産緑地は、約200倍の固定資産税がかけられ、維持管理するのが

困難になり、所有者が一斉に土地を手放すと予測されているのが2022年問題です。

 

因みに、小田原市の生産緑地は総面積65.1ヘクタール

東京ドーム約14個分

小田原市の標準的な住宅敷地1戸当り40坪で換算すれば

約4000戸分の宅地が売り出される恐れもあります。

現在でも、郊外へ行けば空き地が散見されるのに、これだけの宅地が売りに出されたら

土地価格は大幅マイナスへ・・・・?

 

今から5年後の2022年以降、生産緑地を含め、

不動産価格が大きく変動するかもしれませんね。

終活ビジネスがブーム?2017年8月29日

新聞にも連載記事が載るほど旬の終活ビジネス。

 

記事の内容も子供に迷惑を掛けない、スマホやパソコンのデーター処理、お墓の準備、遺言、

エンディングノートの書き方等々、内容が盛りだくさん。

また、独居の方が終末援助を行政やNPO団体へ依頼したりと

新たなビジネスも始まる動きもあり

これから需要が伸張しそうな終活関連ビジネス。

 

そして、終活ビジネスには現時点で免許制度がなく誰でも独立開業できてしまうので

同業他社との優位性を差別化する為に顧客に対する信用と権威付けが、どうしても必須になる

そこで近年、沸くように登場した終活資格を、ちょいと考察してみた。

ここに、ラインナップを紹介します。

 

 

終活士・終活診断士・終活マイスター・終活ライフケアプランナー・終活カウンセラー

終活アドバイザー等。

 

 

まあ、よくここまで色々な資格名を考えたものだ

殆んどが、某国家資格や著名な民間資格のパクリの様な気がするが?

 

 

現在、終活資格業界は、まさにカオス状態。

因みに、これらの資格はすべて国家資格ではありません。

しかしながら学習科目は、国家資格に負けず劣らず

相続を始め遺言、税金、不動産、事業承継、保険、年金、社会保険制度、介護、医療、墓地、埋葬に至るまで多岐にわる。

 

 

「ホントこれは難しそう・・・・」

 

 

そして、これらの知識を網羅するには相当な学習時間が必要になる訳だが、これら資格を自分なりに調べ精査した結果。

講義、講習も短時間、試験内容も軽易で合格率は実に60~70%、

中には90%を超える資格もある、

この程度の学習時間でお客様に適切なアドバイスができるか懐疑的に、ならざるを得ない。

あくまでも、税務・法務・金融・不動産等のプロや専門有資格者が補助的に

取得すれば話は別かも・・・・・?

1503715416002

 

まあ、資格団体や通信講座会社の入会金や年会費目的のお布施資格と疑いたくもなる。

 

しかし、物は試しに取ってみるのも一興かもしれませんね。

 

夏休みパートⅡ!2017年8月28日

今回は、

平成25年8月24日以来の投稿になりますが中学生になった娘に記事を書いて貰った。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

(○^ε^○)

こんにちはー!!

皆さんは誰かと話している時に‥「話のネタがない‥きっ気まずい‥!(^_^;)」

なんてことありませんかー?

ありますよね~!?ねっ!?(うんと言うまで言い続けるw)

また、相手に(この人脳みそがある会話のできる人なんだ♡)という印象を与えたい!

なんて時、ありませんか?

なので!今回は話のネタを紹介したいと思います!

(さりげなく話題を持ちかければ「この人、知的~♡」みたいになること間違いなし!)

さて・・!その話のネタとは・・

ベーシックインカム

です!!

まずwikipediaの説明~。

ベーシックインカムとは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。

 

はい‥(@a@??)  つまり!

 

言葉の通り、毎月お給料を会社からもらうように定期的に国から

お金をもらえるというものです。ただ、お給料をもらうのと違うところは、

働いている人も、働いていない人も、社長さんも、普通の社員さんたちも、

国民全員に同じ額を無条件にもらえる‥というもの。

では、このベーシックインカムのメリット・デメリットってなんでしょう?

(ここでこの話題を振って、メリット・デメリットについて話し合う・・なんて感じで話が広がりますね☆)

では、メリットについてから始めましょう。

最初に紹介するメリットは、ベーシックインカムの基本的な目標でもある‥貧困対策!

最低限の生活を送れるお金が国民全員もらえるわけですから、

みんなが最低限以上の生活を送れるという事です。Happy☆

次に、少子化対策!

国民全員という事は世帯ではなく個人を単位としてもらえるという事です。

つまり2人家族よりも5人家族の方が世帯単位での所得が増える‥ということは、

子供が多いほうがいいじゃないか!!と、みんなが思って子どもを産む人が増える‥

少子化問題解決につながる!!という事です。Happy☆

そしてブラック企業の矯正!!

会社でひどい目に合っている人も、会社を辞めても生活できるので‥

ブラック企業の悪い企業文化を矯正できるという事です。Happy☆

 

次に・・デメリットを紹介していきたいと思います!!

では、最初に紹介するデメリットは‥

財源の不安。

国民みんなにお金をあげる訳ですからたくさんのお金が必要になってしまいます。

じゃあ、そんなお金どっからひねりだすのよ(>ε<)ブー!

‥というデメリットですね。←ザックリすぎますかね(-_-;)?

次に、労働は対価だけではなく成長や学習の場で、そこに参加しない動機付けを与えるのはよくない!というもの。

つまり、みんなが「別にいいじゃん、勉強も仕事も何もしなくてもお金貰えるんだしい~」

と言い出してしまう・・(-_-;)ということです。

他にも労働を生きがいとしている人にとって、

労働そのものを否定するような思想が広がれば目標を喪失してしまったり‥(;Δ;)

などなどメリット・デメリットはたくさんあるんですね・・。

皆さんもいろんなメリット・デメリットを暇なときにでも考えてみてください!

思いつくと、結構楽しいものですよ(^。^;)多分‥

ではでは‥またいつかお会いしましょー(>0<)

またね~!!

(あっ、説明雑ですんませんw)

1503711659442

ブログキャラ暇星人(-_-;)?

西武小田原店撤退へ!!2017年8月26日

西武小田原店が来年の2月末に撤退する事に決まった。

DSC_0043

2000年にロビンソン百貨店から西武百貨店へ移転されてから早17年

小田原の川東地区のランドマークだった西武が撤退となり、地域経済は

少なからず影響が出ると思われます。

1番の影響はイメージではないでしょうか。

西湘地区唯一の百貨店がなくなるという事は、高い物が売れなくなったという事。

原因は人口減なのか、ネット通販の台頭、平均収入が減ったのか、財布の紐が

固くなったか、それとも魅力的な商品がないのは、ハッキリは分りませんが、

このような事は、だれでも連想してしまいます。

また、報道では西武で働いている正社員の方は配置転換され、契約社員はリストラ

だそうで、小田原から転出される可能性が高い。

このようなマイナスイメージがつくと、なんとなく小田原市全体が衰退していくとの

イメージに繋がり、ひいては小田原からの転出者が増えてしまうのかと懸念します。

特に若い方は、仕事を求め都会へ出るため、若者が減る可能性は大きいでしょう。

 

また、小田原市久野にあるJT跡地をイオングループが買収したのち工事が

ペンディング状態になっている。

噂だと、イオングループのバイヤーが西武小田原店の市場調査をしていたとの事。

そりゃ、ビビって出店も躊躇するわけです。

1503715408433

 

まとめ、

小田原市から大手資本がどんどん撤退し、それに伴い地域経済も衰退していく

若者は見切りをつけ都会へ出てゆく、増々人口が減り負のスパイラル

これから日本全国で、このような地域が普通になるのではないでしょうか。

暗い話ばかりでしたが、これは、ピンチではなくチャンスと捉えればよいと思います。

なぜ、チャンスかという明るい話は、次回にお話しします。

今年の夏は雨ばかり!2017年8月25日

8月も後半になり、今年は雨ばかりの夏でした。

やっと、ここ数日は晴れ間が出て猛暑に・・・・

この暑さだとエアコンなしでは夏後半を乗り越えられない感もあります。

そこで気になるのは、エアコンの効きと電気代。

 

先日、当社施工のお客様宅を訪問したところ玄関先なのに、かなり涼しい。

お客様に聞いたところ夏は室内ドアを開けはなしエアコンはリビング

1基しか稼働しないとの事、それでこの涼しさ。

もちろん以前の家と比べ電気代も激安になったそうで。

さすが、省エネ最高等級をとった家だけの事はありますね。

それでも建築家の先生や大工さん等、建築のプロの中には

「家つくりは夏を旨とすべし(徒然草の一説)」

高温多湿の日本では暑さや湿気対策が最も重要。

建物も長持ちし住む方にも健康的という事で今の工法を真っ向否定される方もいる。

庇は長く、開口部を広く通気換気を良く、基礎は高く、まさしく神社仏閣の造り。

しかしながら、いまの建築工法は高気密高断熱、高耐久の為、窓は極力小さくが主流。

確かに、建物を長持ちさせる為だけを考えると昔の造りは合理的なのかもしれませんが

現代の夏は、エアコンもつけないで自然風だけで過ごせるような

暑さではないような気がしますし、空調の効きが悪くては、電気代もかさみます。

若い方なら体力もあるし、多少の暑さなら根性で乗り切れるかも?

年配の方などは、それこそ命にかかわる事も。

また、最新の工法と昔ながらの工法をミックスさせた、ハイブリット的な工法もあるが

不可逆的なメリットしかでない可能性もあり悩みどころです。

尚、どの工法をチョイスするかは年代、生活スタイル、予算等で意見も分かれ

建物のビジュアルも含めた好みが多様化する昨今では

この工法が一番とプロがゴリ押しするのはいかがなものかと思います。

※個人的には最新の工法で空調を上手く使い、自分の思い描いた生活スタイルを体現し健康的にすごせる家がベストな気がします。

吉田兼好風にいえば「家つくりは、ライフスタイルを旨とすべし」ですかね。

兼好