ブログ

EU離脱!!2016年6月24日

EU離脱決定!!

朝のニュースでは残留がほぼほぼ確定

9時ごろの速報でも残留派優勢

誰もが、残留派勝利と思っていいたのでは?

ところが、10時11時と時間経過とともに

離脱派有利・・・?

今朝までの報道は何だったのか。

そして、ついに離脱確定!!

前回も書きましたが、それにしても安倍さんはすごい。

マスコミや増税派に増税延期を叩かれていたが

あのまま増税を断行していたら

日本はもう、立ち直れないほどの打撃を蒙っていただろう。

また、金融市場では協調介入もありそうだし、リーマン危機の様な

強烈な暴落はないとは思いますが

しかし現地の日本企業には計り知れないダメージをあたえることは間違いないので

中長期的には、日本経済は無傷ではいられないでしょう。

本当に困ったものだ

株価下落!!2016年6月16日

小田原市周辺の不動産市況は消費税増税延期を追い風に幾分上向いてきた感がありますが

でも、今の関心事は英国のEU離脱問題

株価は確実にジワリジワリと下がっています。

上がる材料がない

今日、金融政策決定会合で介入はあるのだろうか?

23日の国民投票の結果次第では、24日に協調介入をしなければならないので

政府日銀は現段階で出来るのは口先介入のみが私の予想。

空売り投げ売り売りが売りを呼ぶ下げ相場

安心して売りを浴びせられる訳です。

23日の結果次第では、もう一段の円高株安も予想されている

24日世界同時株安で、伊勢志摩サミットで安倍さんが語ったリーマン危機級の景気悪化が現実に、ならなければ良いのですが。

行き場を失った、お金2016年6月5日

平成28年1/1~4/1の主要都市部の高度利用地地価動向報告が発表されました。

調査地点100地区

上昇89

横ばい10

下落0

上昇地点が全体の約9割でした。

金融機関の不動産向け融資は89年のバブル期並みの10兆円を超え

日銀の政策でダブついた金融資産が不動産へ流れています。

しかし、住宅地の実需には疑問符が付きますね。

都心部や人気の住宅地では値上がりしていますが、

地方や郊外の住宅地では、まだまだ地価上昇まではいかないでしょう。

因みに小田原街中近郊の地価は下げ止まり感が出てきていますね。