ブログ

平屋住宅が増えている?2019年9月12日

本日はだいぶ暑さも和らぎ

過ごしやすい1日になりそうです。

それにしても、ここ最近の夏の暑さは滅入りますね。

地球規模の環境変化なので仕方がないですが、

サマータイム等で人間が順応していかないといけませんね。

さて、平屋住宅が増えているというお話ですが

これは小田原市に限ってのお話です。

小田原市隣接の秦野市や平塚市では、まだ平屋の売り物が散見されませんし、小田原市だけは平屋の建売や建築が増えつつあります。

 

何故ならここ3~4年前から肌感覚で思っていたのが、お客様のニーズの多様性です。

それ以前では、家族構成やライフスタイルの変化などを見こして、プランニングをされておらず、建売も注文住宅も判を押したように2階建て4LDKが主流でしたが

最近では顧客ニーズに変化が生じたのか多様性に富んでいます。

中でも平屋住宅は老後や介護生活への不安から、階段がなく使い勝手が良いので

増々需要が高まるのではないでしょうか。

しかし、イイ事尽くめの平屋住宅にも欠点があり注意が必要です。

 

1.建築コスト、これは1階部分だけなので基礎面積が増える為です。

また地盤改良に係るコスト増も見込まなければなりません。

 

2.二階がないので屋根からの熱での暑さ対策が必要。

 

3.敷地が広くないと日照や通風が確保できない。

 

 

以上を勘案すると、ほぼほぼ金銭で解決できます。逆に言えば平屋は高級品なのです。

また、どうしても平屋が欲しいが予算的に厳しい方は建売住宅や中古住宅を検討されるのも一案です。

 

 

 

 

※台風15号による被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

人口減の影響が出始める。2019年9月1日

夏休みも終わり

新学期が始まりますね。

小学生の頃、夏休みの宿題をため込んで

間際になり泣き泣き宿題を、こなしていたこと思い出します。

そんな懐かしき時代の南足柄市立岩原小学校が2020年から2031年までに

少子化の煽りで、統廃合がきまった。

その他、統廃合が決った小中学校は

向田小学校、足柄台中学校、福沢小学校、北足柄小学校

これらの学区近郊の場所は増々子供が減るというスパイラルに入り

少子高齢化が加速する恐れがあります。

私の見込み違いなら良いのですが、

この地区の不動産価値が下がり、

流通が困難にとならないことを祈ります。

 

熱い夏 感動の一戦2019年7月26日

普通の公立中学の野球部が努力と根性で

全国優勝をした名門私立中学を負かすという

漫画 「キャプテン」を彷彿させる

試合があった。

昨日行われた全国高校野球神奈川大会準々決勝

横浜高校対県立相模原高校戦

前評判では神奈川四天王の横浜には歯が立たないとの予想を

覆し県相が5対0から逆転し8対6で勝利した。

横浜は言わずと知れた全国区の強豪チームで、

全国から有望選手を集め、設備やスタッフは一流

まして、エースはドラフト候補。

たいして県相は、神奈川でも屈指の進学校で野球が上手くても

勉強が出来ないと入学できなない為、選手層も限られてくる

設備に至っては陸上部と共有とか。

このような不利な条件下で格上の相手を攻略し勝利した県相野球部には頭が下がる。

何事も工夫と努力で克服できる事を証明してくれた試合だった。

小田原を舞台に繰り広げられる物語2019年4月18日

村上春樹の「騎士団長殺し」

その舞台は小田原の恐らく根府川か石橋あたりであろうと思われます。

本文中の建築許可が取れない、家から海が遠望、道路が狭い、電車の音が聞こえる等を考察すればこのあたりではないかと?思われます。

また、「騎士団長殺し」のタイトルから想像ができないくらいに

村上作品としては珍しく、大人しめの展開と結末なので好みが分かれると思いますが

個人的には良い作品だと思います。

とくに村上春樹らしい描写は秀逸で

小田原在住者には情景が思いのほかリアルに浮かびますので一見です。

kisidann

 

小田原にお住まい方にはおススメの1冊です。

小田原の桜が見ごろを迎えている。2019年4月7日

 

昨日、絶好の花見日和だったため、仕事を早く切り上げ

家族で夜桜見物に小田原城へと足を運びました。

風もなく温暖で、最高の花見となりました。

 

数年前に来た時は、こんなに人は多くはなかった様な・・・・?

 

天守閣周辺の桜がカラーライトアップされていたとは知りませんでした。

DSC_0378

DSC_0377

DSC_0375

DSC_0379

 

それにしても、お堀に映し出された桜は、夜の様々な灯りと相まって何とも幻想的でした。

小田原に住んでいると、当たり前と思っていた景色も、あらためて見ると色々な発見があり感動がありました。

そういえば、有名観光地でよく見かけるアジア系の自撮棒片手にスマホを振り回して騒いでいる観光客もいなかったし

皆さんマナーが良い!!

都会からも近く、まだ荒らされていない小田原は

つくづく良い観光地だなあ~と思いました。