ブログ

どうなる消費税の使い道2017年9月22日

 

社会保障費の世代間の格差を是正する為か

教育費の個人負担を軽減して子育てしやすい

環境を整えようと、

幼児教育や大学の無償化を検討。

また、選挙に向けてなのか安倍首相も消費税増税分のうち

1兆円超を教育費に振り向けると言い出した。

 

 

政府が掲げる「人生100年時代構想」は下記の通り

 

 

0歳から6歳 就学前の無償化

6歳から12歳 既に無償化

12歳から15歳 既に無償化

15歳から18歳 公立高校などは既に無償化

18歳から22歳頃 奨学金の拡充「出世払い制度」など

22歳から60歳 リカレント教育など学び直しを充実

60歳から75歳 定年再就職

75歳引退

 

こんなイメージのロードマップです。

 

 

このフローを見て、ハタと気づかれたかとも多いと思われますが、

60歳から再就職75歳で引退ってことは、将来的には年金受給年齢を

75歳へ引き上げるのが前提のスキームになっているのでは?

安倍首相は「志があっても経済的に恵まれない

若者が勉学に専念できる環境整備が必要だ」と言っておられるが

選挙での若者ウケを狙いつつ、実は100年構想で107歳まで生きるのを前提にして

75歳まで働かせて(再就職できればまだよいが)年金も75歳から受給でとミエ見えの戦略

 

確かに今後、寿命は延びるかもしれないが、健康寿命には疑問符が付く

今の若い世代は飽食ではあるが故、農薬やら食品添加物漬けの食べ物を、

無意識のうちに子供の時から食べさせられていて

(無農薬無添加の食品は高額な為、

一部富裕層で徹底した食事管理を行っている層は除外)だが

ごく一般的なごく普通の家庭のお子さまは

老齢になるころには、なにかしらの病気になるリスクは非常に高く

75歳まで現役で働けるかは、懐疑的にならざるを得ない。

教育費を軽減すると甘い蜜で誘い実態は

老後75歳まで無年金だから働けとムチで叩く

教育費を軽減するという裏には、

年金制度を維持するための仕組みが隠されているのでは。

 

このスキームを見ると政府や官僚の思惑が透けて見えてくる

 

人生100年時代構想は、年金受給年齢引き上げ構想?

 

結局、若い世代が割を食う羽目になるかも。

首都圏マンション価格が平均年収の約11倍に2017年9月21日

国土交通省が2017年7月1日時点基準地価を発表。

 

住宅地は26年連続のマイナス

商業地が2年連続で上昇した。

数字的には微増だが、極地的に高騰しており、

なかでも日本一高い東京・銀座2丁目の

明治屋銀座ビルは1平方メートルあたり

3890万円でバブル期価格を上回ったそうです。

 

 

訪日客の増加で店舗やホテル用地が値上がり

上昇率トップは京都市伏見区深草稲荷御前町の29.6%

さすが、外国人が選ぶ人気観光スポット1位の

伏見稲荷大社。

また、政府が掲げる「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」

で訪日外国人観光客を2020年までに年間4000万人に増やすと

鼻息も荒く、観光都市で一等地の商業地に関していえば、

上昇も期待できるのでは?

 

しかし、一方では地域間格差も増してきています。

ちなみに、小田原市はこちら↓

DSC_0105

左側が今年の単価

軒並み値下がりです。

まあ、基準地価は過去の統計なので、あくまでも参考程度に。

 

 

話は変わりますが、首都圏のマンション価格に変化の兆しが、

また、建設業界にも異変?

 

現在、首都圏のマンション平均価格は6000万円前後に高騰し、

首都圏サラリーマンの平均年収516万円では手が届かなくなり、

契約率も好不調の目安となる7割を2年連続で下回っています。

そこで、大手不動産各社はサラリーマンでも、

購入しやすい価格帯の物件を増やすために

動き出しました。

 

購入しやすい価格帯ってどれくらい?

 

3500万円を超え諸経費込で4000万円弱だそうで

これくらいの価格だと、いくぶん現実味も出てきますね。

消費者にとっては朗報ですよ。

 

価格を抑える為に、

 

まずは、土地の仕入れから見直す。

仕入れる土地は首都圏等の一等地は高価なので敬遠。都心から「少し?」

離れた立地へ。

 

それと建設コスト削減、

 

こちらは下請けゼネコンへの値下げ圧力を

かけ始めたようだ。

 

 

しかし、マンション工事は、他の建設工事に比べても利益が出にくい上

材料費の高騰、人件費の高止まり等

収益構造が悪化してゆく中の、

さらなる値下げ要請には、

下請けゼネコンも、いつまでも黙ってはいないと思います。

また、建築費の無理な値下げは、欠陥住宅の温床となる

可能性も否めませんし、ゼネコンも仕事を選ぶ時代へ

なるでしょう。

 

 

 

最近頻繁に見かけませんか?

こんなCM。

♪マンションの管理はわかるんだ♪

マンション施工を得意とする長谷工のCMです。

 

マンション施工業から

管理やリフォームに舵を切り始めた決意表明に見えるのは

私だけでしょうか?

恐ろしいほどの生命力?2017年9月19日

恐ろしいほどの生命力?

 

みなさんこんにちは。

朝夕の温度差が激しく

体調管理も大変になってまいりましたね。

今朝も日課の散歩を済ませ、定番の味噌汁を作り

朝食を済ませ

朝のお通じで

ゲゲ・・・・!

血が!(-_-;)

多分、「あ・そ・こ」がキレたとは思うのだが、

ちょっと不安?

大病をした後だとチョトの体調の変化が気になるものだ。

齢51にもなると、体のあちこちにガタがくる

家で例えれば築51年

査定価格0円だ。

これからは、メンテナンスをしながら

体を大事にしなければと思います。

 

話は変わりますが、

小学生の時、毛は体の大切な部分を守るために

人類が進化の途中で残したものと

学校の先生に教わった記憶がありまして

今回はその「毛」についての

お話をします。

 

私は、今年の3月に入院し外科手術後、抗がん剤治療をおこないました。

皆さんもご存じの通り、抗がん剤は、がん細胞はもちろん

正常な細胞もすべて殺してしまう強い薬なので、

副作用の影響で髪毛・眉毛・まつ毛・ひげ・すね毛や腕毛などの

体毛まで抜けてしまいました。

一時、本当に毛という毛がなくなり、

入浴時に風呂の鏡に映る自分の姿は、まるで宇宙人。

しかし鼻毛だけはしっかりと生えていました。

なんと1本も抜けなかった。

まゆ毛や睫毛のように目を保護する毛より

呼吸をつかさどる鼻毛の方が重要と遺伝子レベルで

私の体が判断したというのか?

人体の神秘だ!

そんな鼻毛が退院後も、他の毛とは一線を画し

ものすごい剛毛へ成長、また伸びすぎて

鼻から顔をだし異常にムズムズする事態に。

伏線があったので、こうなるだろうと予想はしていたが、

ムズムズが、どうしても気になってしょうがないので、

女房殿が眉毛のお手入れに使用している

小さなハサミをチョット拝借して

鼻毛を切っていたところ、女房殿に現場を押さえられ

相当叱責された。

おかげで、まゆ毛用ハサミと鼻毛切ハサミを買わされ

痛い出費となりました。

 


 

人間の体は不思議だ、最もほしい髪の毛は生えてこないのに

鼻毛は鼻の保護を通り越して鼻の外にまで守備範囲を広げている、

因みに耳毛は自分では見えないので・・・・

どうなっているのだろうか?

とても気になる!

小型玩具ロボット「COZMOコズモ」とビジネス手法2017年9月18日

タカラトミーで発売される小型玩具ロボット「COZMOコズモ」

手のひらサイズで顔認識や会話もでき、かわいいフォルムに

思わず購買意欲をそそられる。

また、価格は29,138円税込ながら

メカニックはギヤ数50、部品は何と300を超え

ジャイロも採用AIを搭載した優れもの。

特筆すべきは、コズモ開発における従来とは異なる手法が採用されていること

コズモ開発チームは機械工学、ロボット工学、AI、アニメーター、音響技師等が参加

業界の垣根を超え造られた新しい時代の製品です。

従来の企業における製品開発は大量生産大量消費を旨とし内部社員による開発

スキームが重視されて専門的な分野では強みを発揮していましたが、

消費動向が多様化したり技術が複雑化した

新たなビジネス環境化では通用しなくなりつつあります。

その様な意味でもコズモは単なる玩具ロボットというだけではなく、

新しい、ビジネスのあり方を誰にでも分かり易く具現化された

最適なプロジェクト製品ではないでしょうか。

自動運転システムや、IOT、仮想通貨におけるブロックチェーン等、

異業種間交流も盛んになりつつある現在では、業界の垣根を

越えられるかが成否を分ける分水嶺になるでしょう。

 


 

 

不動産業界にも広がる異業種コラボ

VRを利用した仮想モデルルームやクラウドファンディングの資金で

不動産リートを行う等、IT化が遅れている不動産業界にも新しい時代の波が

押し寄せ始めている。

その中で、いち早く業界地図の

切取合戦を制するのは

別業界からの参加企業かもしれませんね。

日経新聞 紙媒体VS電子版2017年9月17日

日経新聞 紙媒体VS電子版

 

日経のコンテンツは、ビジネスマンでしたら

最低限おさえておきたいところ。

仕事のヒントに、

また、お客様の話題提供にと、やはり外せませんね。

費用の面で、ネット記事やキュレ―ションサイトで代替可能

と言う方もいますが、

個人的には情報量と確度では格段に違うのではと思います。

 

さて、今回は日経新聞電子版を1ヶ月無料キャンペーンで使用してみての

感想をつらつら書いてみました。

 

紙媒体について

利点

見出しを見て全体を網羅しやすい

活字が記憶に残りやすい(個人的意見)

 

欠点

持ち運びする時、ジャマくさい

読むときにスペースが必要

ゴミだしが大変

記事をスクラップブックに保存する時の手間がかかる

新聞配達員が寝坊する事があり朝刊が届かないときがある

 

電子版について

利点

記事のななめ読み機能がある

スマホやタブレットで持ち運び可能でスペースを取らない

記事の保存(5000件)が出来る

記事をワンクリックで印刷できる(簡単にスクラップブックが作成)

映像がカラーで閲覧できる

分からない言葉等は、検索が容易

MYページで興味ある記事を自動的にチョイスできる

 

欠点

料金が意外と高い

異常に目が疲れる

日経


 

 

以上、電子版はまだまだ使い熟してはいませんが

紙媒体より利点が多い為

電子版への切り替えを前向きに検討しようと思います。

...34567...1015202530...