ブログ

小田原市と南足柄市が合併?2017年9月11日

小田原市と南足柄市が合併?

両市合併による

中核市になるよう調整が始まった

私の周りでもいろいろな、噂が広まり

合併が決まったと勘違いされている方は多い。

今回、任意協議会発行の「中心市のあり方に関する協議結果」という冊子

が配布されたので、その中身を検証してみました。

この冊子によれば

PDF

sasi

イムスケジュールは

平成32年に合併予定

私的には今回の合併には賛同しているが

この冊子の内容が理解できない部分があり

任意連合会へ問い合わせをした。

内容は以下の通り

 

Q1収支の収入の変動率の計算数値は?

人口減による税収の減り何%なのか?

 

A平成27年度よりの国の調査機関の統計を基に変動率を作成

変動率は冊子4~5ページの折れ線グラフ通り

 

Q2議員10人削減って南足柄市議員と小田原市議員の削減割合は?

 

A基本的に南足柄市が吸収されるので現議員16名が実質解雇

合併による特例選挙を南足柄地区で行い。

6名が選出され実際には10人が減らされる。

また、南足柄市の市長・副市長も解雇

 

Q3一般職120人削減は10年で?それとも毎年?10年なら年12人しか削減出来ない?

A5年間で120人削減 (定年による自然減)

 

他、行政業務重複による弊害等を質問しましたが、これについては長くなるので割愛致します。

 

 


 

まとめ

冊子の内容がザックリすぎて、内容が理解できない市民も多いと思われます。

任意協議会の担当の方に聞いたところ、合併はこれから市民の意見も聞き

各市で調整を行い、各市長が判断し、議会で採決するそうで、

また住民投票も選択肢の一つと

あらゆる方向性選択肢を考えていくそうでうす。

また、今回の冊子に掲載されている数値は努力目標だそうで、調整が必要になる可能性が

高いと思いました。

例えば、一般職員の削減については定年退職を見込んでいますが、

今、話題になっている年金受給年齢引き上げによる公務員の定年延長の件もしかりで

削減を予定しているものが実現できるかも定かではありません。

 

私的には今後、財政が逼迫していく中で

今回の合併は致し方ないと思っています。

 

 

伝える能力2017年9月10日

相手に自分の考えを上手く伝えたい

 

伝えるという能力は、仕事や生活など生きてゆく上で

また、あらゆる場面で必要となります。

しかし、私の場合、言語表現力に乏しいのか、語彙力が足りないのか

比喩で表現するのが苦手なのか、分析した事がないが

自分が話している最中に何を話しているか訳が分からなくなったり

会話の途中で、急に話題が飛んだりして支離滅裂になることがある。

また、子供との会話でも主語がないから「何が言いたいのか分からい」と言われる始末。

自分でこれらをよくよく考えてみると、脳の記憶をつかさどる海馬に

問題があるのではと思ったりもする。

会話の最中に「あの言葉何だっけ」と頭の中で模索したりする事が多く

そのことに思考が集中すると会話自体の構成が、ごちゃ混ぜになる。

ようするに、脳に蓄積しているデーターを上手く引き出せないようだ。

 

情報を正しく正確に伝える能力を必要とする不動産業に身を置く者としては

結構、致命的な欠点だろう。

しかし、世の中捨てたものではない、多少、会話下手でも人柄や誠実さでカバーし、

コミュニケイションに至っては情報の可視化やジェスチャ―等で補う事も出来る。

 

 

しかし昨日、建築の打ち合わせで来社頂いたお客様は、目に障害があり殆んど、

目が見えないらしく、会話による打ち合わせを余儀なくされた。

設計士は2人で、私を含め4人でプランを詰めていきましたが、

お客様は図面が見えていないので、打ち合わせはこんな感じで進みました。

例えば「玄関は東側に何間何尺又は何メートル、居間とドアの距離は」とか

図面上の情報を全て言語に置き換え説明。

そんな中、私が説明に加わると余計な混乱を招くので、私だけ途中で退散。

あとは、設計士の先生お二人にお任せして(ほんとスイマセンでした。)

結局、午後2時からの打ち合わせが予定時刻を過ぎ4時間もかかってしまいましたが

とても良いプランが出来ました。

 

また、設計士の先生にとっても、今回の打ち合わせは

良い勉強になったのではないでしょうか。

元々、設計士の様な理系のお仕事されている方はどちらかと言えば職人気質で

黙々と図面を書かれているイメージが強く、そして営業が苦手な方も多い

のではないでしょうか、しかし設計士の方々は平面のものを立体的に捉えるのに長けていて、

例えば建築図面は2次元で描かれていますが

実際の建物は3次元、建物が建つ以前に頭の中であらかた立体的に建物イメージが

浮かぶそうです。

このように設計士の方は視覚的能力が優れている方が多いのです。

また、視覚的能力(空間認識能力)が優れている脳構造に方は、

脳科学的には言語表現力が乏しい傾向があると、

何かの本で読んだことがあります。

そして、一つの能力に長けていれば、

別の能力が弱いそうで、だとすると視覚的能力と言語的能力、

両方に長けていれば鬼に金棒!

設計士として成功する可能性が高くなるのではと、

お二人にお任せしました。

「よい訓練になると、私なりの思いやり・・・?」

 

え!

何の能力もない

私はどうすればいいかって・・・?

まあ、人柄で勝負するしかないでしょ。

 

家具とホルムアルデヒド。2017年9月8日

皆さん、こんにちは。

私は現在、薬剤性間質性肺炎という病を患い治療中なので

受動喫煙や大気汚染については、かなり気になり

過敏になっています。

煙草を見ただけで、憎悪すら感じます。

なにせ下手をしたら命に係わることも、あるわけですから。

また、空気汚染といえば

我々住宅を扱う仕事で空気汚染の

制限がされているのは

居室内のホルムアルデヒドの数値

 

ホルムアルデヒドの影響とは

1目への刺激

2気管への刺激

3呼吸障害

4鼻孔への影響

 

呼吸器を患っている患者にとっては、見過ごせない物質。

マジ怖すぎますよwwww

勿論、健康体の方にもいえることですが。

そこで、危険な化学物質を制限しようと

建築基準法が平成15年に改正され

居室内に使用する建材・仕上げ材をホルムアルデヒドの発散を防止する為、

使用する材料には等級別に使える面積を制限しています。

F☆☆☆☆の様なフォースター建材は制限なしに使え

☆が減るごとに制限され、☆なしは使用禁止とされている。

建物については、ホルムアルデヒドの規制があり

安心できますが、建物内で使用する一般家具はどうでしょう。

実は家具に関しては、これといった規制がありません。

しかし、建築基準法では家具からの発散も想定し原則として

機械換気設備の設置が義務つけされています。

いわゆる24時間換気システムのこと。

ごくごく普通の一般住宅では

吸気は自然吸気で排気だけが機械排気のシステムが多く

基本的には居室内換気を0.5回/h以上の換気することが義務づけされている。

しかし、このシステムの吸気は

建物の一部に穴を開けその上にカバーがついているだけ、

↓こんな感じの

kannki

 

このカバーには開閉のレバーがついており、換気システムといえばカッコがいいが

実は簡単に言ってしまえばスキマ風を入れる仕組み?

冬場の寒い時期などは閉じたままに、される方は多いのではないでしょか。

なにせスキマ風ですから。

寒い冬には吸気装置を閉じ、

気密性が高くなった部屋で暖房をガンガン入れたくなるのは人情。

その為、室温が高くなり不良家具の化学物質は揮発する。

ですから是非、家具にも化学物質に関する規制をかけて頂きたいが、

業界団体も黙ってはいないでしょう。

まあ、あとは自己防衛するしかない。

高価な無垢材を使用した家具に買い替えたり

化学物質を極力使用していない家具のチョイスぐらいですかね。

 

※変な臭いの家具、特に安物家具や輸入家具にはご注意を。

 

お休みの過ごし方。2017年9月7日

昨日は水曜日、何故、不動産屋は水曜日休みが多いのか?

それは営業種やサービス業の

お客様は大概土日休みで、また契約等が水に流れるとの

縁起を担ぎで水曜定休が多いと言われています。

なので、当社も水曜定休であります。

「そんなの知っている」との声が聞こえてきそうですが

それはさておき、

 

まあ、休みといっても何をするわけでもないが

昨日は久しぶりに

大雄山最乗寺へお参りに行き、

その帰りに本屋に立ち寄りました。

自分は難しい文学や哲学書をチャレンジしてみたいなあ~

と思うのですが、そのような身の丈に合わない本を読むと、

スグに瞼が重くなり船漕ぎが始まってしまって

読まなくなる可能性が高い、いや絶対、読破できない。

なので、ついつい読みやすいビジネス書に手が伸びてしまう。

ということで、今回はこの本を購入しました。

 

マイホーム価値革命

2022年「不動産」の常識が変わる

DSC_0065

 

東大卒、三井不動産出身の著者 牧野智弘氏がこれからの不動産トレンを

実際の事例を参考に分かりやすく解説。

空き家の増加、団塊世代の相続、人口減、

生産緑地の解除による供給量増が

及ぼす不動産価格の変動や

業界独自の悪しき体質を鋭く指摘。

今後の不動産価値に関する予測もあります。

しかし事例は都心部を中心に首都圏がほとんどで、地方の事例が少ない

地域性は加味されていない。

また、収益物件や住宅の様な長期保有が目的の場合、自然災害リスクも

考慮されておらず、この辺は少し残念。

 

本書は物件価格等の具体的数値化と実例よって

論理的にバランス良く構成され、また業界の裏話に至っては

業界と一般の方の情報の非対称性も、鋭くえぐり

一般の方には、知りえない、

知られるとマズイとされていた内容も開示された希少な一冊だと思いました。

 

これからの不動産の価格に興味をお持ちの方、家の購入を考えている方、

アパートを建てるか検討している地主さん等にはおススメの一冊です。

驚愕、1個5,000円のプリン!!2017年9月5日

入院中にお見舞いに来られた方々(遠方から来られた)に

お礼と感謝も込めてギフトを送ろうと

なるべく、お得感がある品がないかと

 

接待の手土産というサイトを見つけた。

 

しかし、ここで私の様な庶民には理解不能な価格設定www

 

至高のトマトジュース

720ml

12,000円(税別)

トマトジュース

 

私が普段、飲むワインの値段でも12,000円はありえないのに

 

トマトジュースが・・・・

 

あと、魅惑のとろける安納芋プリン

 

90グラム2個入り

10,800円(税込)

プリン

プリンが1個が、なんと5,000円

 

1個300円のプリンでも買うかどうかで悩むのに

 

いくら贈り物でも、ありえない。

貰った方も、まさか、このプリンが1個5,000円とは思わないでしょ。

差し上げる方が4人家族だったりしたら2個ではマズイので

総額20,000円也!

 

いくら良い材料を使っても1個5000円はちょっと

ミュシュラン☆付の料亭で食事しても安い物なら10,000円で食べられるのに、

何でプリン2個が10,800円なの・・・・?

味も分からない奴は、黙っていろと言われるかもしれないが、

 

商品価格にはそれなりに理由があり、それを納得させられるだけの裏付けが必要だと思う。

商品のセールス・コメントをみても、

そこまでの価値があるのかが、よく分からない。(私がバカなのか?)

ただ、これらの商品を話題性だけで買うとかは、

ありなのかな・・・・・?