ブログ

借地権の勉強会2016年1月19日

皆様、ご無沙汰してます。
昨日、不動産コンサルティング協会の勉強会へ行って来ました。
お題は、底地・老朽化した古アパート・古貸家の解決実務でした。
要するに、借地権整理と底地権買取の相場目安等々
色々な実務事例で実戦向きのとても良い勉強会でした。
また、小田原地区の不動産コンサルで一番多いのが借地権の相談です。
契約年数も長く、時代と共に不動産の市況や税務・法務も
移り変わり、地主と借地権者との立場も微妙に変わりつつあります。
その中で今後、相談者の高齢化に伴い、子や孫の為に煩わしい財産を処分したり
資産を入れ替え等、相続税対策を含む横断的な相談が
また一段と増えるのかと思われます。

小田原地区の借地権相談はベストハウジングにお任せください。

マンションが売れている?2015年12月11日

三菱レジデンスが分譲した京都のマンションが即日完売した。
京都御所の近隣で鴨川沿いの好立地、なんでも
人気価格帯は競争率5倍の3億2900万円!
最高価格7億4900万円!!
管理費修繕積立金だけでも16万8900円/月
この、物件を30年間所有すると管理費修繕積立金を約6000万円支払うことになる
このほかに、固定資産税・都市計画税を含めると、相当な金額に
これだけの、物件を購入する方がいるとは、
購入者の半数以上は首都圏在住とニュースでは報道されていましたが
ほとんどが別荘用らしい。
また、外資(中国系投資家)や、企業の保養所としての購入者もいると思われます。
ホントにお金はあるところにはありますね。

不動産投資マネー2015年12月3日

昨日のクローズアップ現代を見て
アジアの主要都市に比べて利回りが良い
東京の不動産へ投資マネーが流れ込んでいる
去年度の海外からの不動産マネーは9800億円
不動産取引全体の2割だそうです。
中でも中国人投資家が目立っていて
都心の高級マンションを爆買いしています。そして、驚きなのが不動産の購入を通して日本のビザを取得し永住権獲得を目指す富裕 層も現れているらしい。
この、投資家たちを「投資移民」という。
この投資移民はアメリカやカナダへ移住し永住権を取得していたが、危機感を覚えた各国は規制に動き出したとの事。
そこで、割とハードルの低い日本が次なるターゲットに。
日本の不動産価格にも、少なからず影響が出そうですね。

軽トラ市2015年11月29日

本日は当社物件の前はこんな状況

DSC_0719

そして全面の銀座通りはこんな状況

DSC_0713

軽トラの移動販売車

DSC_0715

DSC_0717

14時まで通行止めです。

パン好きにはたまらない「ブリオッシュ ドーレ」小田原店開店!2015年11月27日

本日、オープンした「ブリオッシュ ドーレ 小田原トザンイースト店」

早速ランチを買いに行って来ました。

pann

ハルネ小田原の地下階段まで続く行列。

小田原では珍しい混雑ぶり。

外にいたスタッフに待ち時間を聞くと10分位だとか?

それならと、待つことに。

中で待っていると

やけに、イケメンの男性がいたのでパシャリ!

pann4

フランスの本社から来たディレクターだそうで、

流ちょうな日本語で、おば様方

をやさしくエスコートされてました。

日本人の男性と違い女性にはホントに親切でした。

そして結局、待つこと25分

pann2

 

お目当てのこちらは、すでに完売していて購入できず↓

パン

pann3

ランチに購入したバゲットのツナサンド。

田舎者の私には、劇的な出会い。

バゲットのまわりがかなり固く、「ガリッガリッ」

とした食感。 最初は、かた~いというイメージが

強かったのですが、このガリガリ感が癖になりそう!

香ばしい小麦の香りも良かったです。

ちょっとお値段は高めですが、これ1個でお腹は

満足でした。

そして、コーヒーとの相性抜群です!!

 

小田原の不動産コンサルは

株式会社ベストハウジング

 

...51015...1819202122...253035...