ブログ

アマゾンGoってどんな店2018年1月25日

レジのないコンビニ

 

外観

入店時に、駅にある改札機のような機械に

スマホをかざすだけで入店、商品棚にある、ほしい商品を持って出店すれば

入店

買い物2

 

買い物終了。

センサー

 

店内のカメラが顧客を追跡し何を購入したかをAIが解析後、決済する。

レジ待ちのストレスがない、なんて画期的な決済システムなんだ!

 

ネット通販で市場を席巻したアマゾンが実店舗でも勢力図を塗り替えそうだ

正に実店舗市場へGoって感じ。

いずれ、このスタイルがスタンダードになる日も、そう遠くない気がします。

また、日本上陸となると既存コンビニはヤバことになるかも

人手不足解消と人件費削減が一挙に解決するし恐らく既存コンビニよりも利益率が良いと思う。

 

アマゾンは直営店展開しかしないのだろうか?

是非FC展開を望みます。

 

 

 

近未来型コンビニの姿に驚愕です。

2018年1月23日

昨日の雪はすごかった。

暖かい小田原地区は夜8時頃には雨に変わり路上の雪も

早々に解けて、すっかり平常に戻った。

しかし、都心では公共交通機関や幹線道路・飛行場がマヒ状態。

何と渋谷駅でバス待ち2時間30分を優に超えるとかで大変な状況になっていました。

ズ

 

 

これも、仕事や住まいの都心一極集中の弊害、人口密度が高いため自然災害に

非常に弱いところを露呈。

そんな中、都市のマンション価格が27年ぶり1989年バブル期を上回る過去2番目の水準まで上昇した。

値上がりの背景は、これまた都心一極集中。

仕事を求め都心へと人が集まるのは必然、通勤圏で住まいを求め都内の駅近物件へと集中し価格を押し上げる。

しかし、20~30年後AIやITの技術的進歩でテレワーク・在宅勤務など働き方が大きく変る可能性がある。

会社に出勤することも減り、

都心に住む動機がなくなり需要も減り価格下落も想定される。

 

将来は満員電車でストレスを抱える事も、物価の高い場所で生活することも、なくなる日が訪れるかもしれない。

新築か中古か2018年1月19日

行政で行う空家バンクや中古のインスペクション(住宅診断)で

新築から中古住宅流通促進に向け舵を切り始めたお上だが

思うように機能していない様だ。

中古住宅の流通量が少ない日本では新築信仰が根強いのが原因とよく

言われますがホントでしょうか?

 

神奈川西部の不動産事情でいえば、確かに新築を望む消費者が圧倒的に多い。

しかし、この理由は価格であると思われる。

実際に築浅の中古物件価格は、新築物件との価格差が僅差の為、各種優遇税制がある新築のほうが、お得感がある。

また、古くて建物価格がほとんどない物件では、耐震補強やリフォーム、購入後の設備寿命を考えると、やはり新築が得。

設計間取りや工法材質、設備等も原因の一つと考えられますが新築価格を凌駕する圧倒的な価格差がないと、中古住宅の流通と空家解消には結びつかない。

また貸すという手段もありますが、某市の空家バンクの価格を見ても高いの一言。

中古物件流通には価格見直しでしょうね。

今年の景気2018年1月18日

今年の経済は、世界的に好景気。

景気が良い?

確かに株価始め、各指標の数値は良いようだが、

実態経済はどうであろう。

低金利により、市場にお金がジャブジャブ状態なのに

日本はおろかアメリカも物価は緩やかなデフレで、

物価上昇へは至らない。

では、ジャブジャブになったお金はどこへ?

株式や債券などの投資マネーとして世界中を駆け巡っている。

しかし我々庶民に行きわたるのかは定かではない。

故に、実態経済よりマネーゲームが景気を押し上げている。

 

 

 

という訳で、今年1年は

株式市場やエンジェル・ICOなどで投資資金が集まる

イノベーション産業・AIやロボット関係

一部のIT関連企業や通信関係、半導体関係は景気が良いが

旧体制の企業群は厳しくなると勝手に予想してみた。

 

あけましておめでとうございます。2018年1月4日

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

本日の朝刊1面にインフラ事業を民間事業者に売却推進する政府の意向の記事について

つらつら書いてみた。

 

上下水道の老朽化に伴うコスト増に伴う地方財政のコストカットが目的らしい。

新聞記事では、業務効率化によって料金が下がる的な内容も書いてあったけど

民間企業は営利が目的の為

住民にはリスクでしかない。

特に水道や下水は競争原理が働かなく

独占状態。

お手盛りで料金が決められる可能性が高い。

水道事業民営化先進国のフランスでは14年間で265%も上昇した例もある。

民営化させるなら、値上げの上限を規制すべきだと思う。

 

しかし、小田原は地下水が豊富な地区が多いので井戸という逃げ道もありますから少し安心ですね。