ブログ

日経新聞を読んで、つらつら書いてみました。2017年8月24日

昨日は、定休日だったので、1週間ため込んだ日経を読んだ。

ウイークデーは、詳細に全部読むわけではなく、ななめ読み飛ばし読みで、大まかにニュースを把握する程度ですが

休みの日は不動産業界の関連記事を中心にもう一度読み返します。

その中で興味が沸いた記事は、賃貸契約をネット上で完結するシステムを大手不動産会社とIT企業とのコラボで開発したとの事。

これまでの、賃貸契約では契約書類を貸主・管理会社・借主と郵送や窓口にて記名押印

また、宅建士の説明も面談方式で、書類作成から契約完結まで2・3日かかったものを

半分以下に短縮できるとの事。

記名押印は電子署名、宅建士の説明はテレビ電話で大替えが可能とか、IT技術が遅れ気味の不動産業界にやっとITの波が少しずつ押し寄せてきた感じですね。

出張族や遠隔地への進学で住まいを探されている方には朗報です。わざわざ現地や不動産会社に出向かなくても契約できるようになるのですから。

また、ネット上で契約できるメリットとして以下に記しました。

 

 

1.時間的制約が少なくなる。

これが、最大のメリット。

遠隔地の場合、泊りがけや1日がかりで時間がつぶされる事もありましたが、

場所や時間を選ぶことが可能となり

職場や自宅での契約も可能。

 

 

2.契約する為の移動コスト削減のメリット。

遠方からの転居等で契約する場合、物件所在近隣の不動産会社に出向くことが多く

その交通費が削減される。

 

 

3.不動産会社のメリット。

書類の郵送費や通信費の削減。紙代の削減。

細かい話になりますが、お客さまにお出しするお茶代、送迎の燃料費等

 

 

現時点で思いあたるメリットを、何点か書いてみましたが、まだまだありそうですね。

また、デメリットもあると思いますが、メリットに比べれば僅少ではないかと思います。

 

家を買うとき相談する相手は誰?2017年8月22日

家を買うとき相談する、しない、どれが正解?

1ほとんど相談しない。

2両親に(資金提供者)

3不動産・工務店・ハウスメーカーの営業

4設計士

5素人の友達(家を購入してかなり詳しい)

 

1がほぼ正解。

しかし条件付。

自分でネット検索して情報を集めましょう。

また、住宅・建築の専門書できれば簡単に分かるもの最低5冊は読みましょう。

フラットの仕様書を購入しましょう。

フラット

こちらは、かなり細かい部分まで建築の構造施工が分かります。

住宅ローンについては、ネット検索すれば、たいてい理解できると思いますが

建築については専門知識が必要となり事前に知識武装しないと、不動産屋や工務店

ハウスメーカーの営業にしてやられる可能性大。

これくらの、予備知識でも勉強していない営業マンには互角以上のやり取りが出来る。

勉強した内容を質問等し営業マンが答えられなければ、その会社で買うのを見合わせるか、商品や物件が気に入っていれば営業担当をかえてもらおう。

 

2は、お金はだしてもらって、口は出させないほうが良い。

どうしても、口出ししてくるようなら、資金提供は断る。

何故なら、資金提供を理由に同居(2世帯住宅)や介護を迫られる可能性大

 

3は、知識がない状態でいくのはNG、

ブランド好き、権力に弱い方は、大きい会社にいくほど、洗脳される可能性大

見た目は気にしない、安ければなんでもタイプは、安物買いの銭失いになる可能性大

 

4は、まあ、設計士しだいかな。これも良い設計士かどうかを調べるのは

難儀なことで、現実性がない。

 

5は、参考程度なら良いかも

 

※家を買うのは一生に一度あるかないかです。

知識武装すれば失敗する可能性は低くなり

ますので、自分の事ですからまずは勉強を。

IT時代のスピード感ハンパない!!2017年8月21日

今や、世界を席巻するIT産業ビック4

アップル・グーグル・マイクロソフト・フェースブック

Facebook

誰もが認める超一流企業郡。その中でマーク・ザッカーバーグ率いるフェースブックに異変が、SNSユザーの若い人達がフェースブックから離れだしてきた。

アメリカでは、米スナップ社のスナップチャットが人気を集め、噂だとフェースブック社が、圧力をかけているとか?

日本でも、若者はインスタグラムやLINEしかやらない人が増えているようだし

若者は、なんら抵抗もなく新しいメディアを使い熟すし、SNS自体が情報を拡散するので、流行りすたれが激しくなる一方のソーシャルメディア業界。

今後はSNS市場を奪い合うのか、それとも新たなイノベーションが起こり市場自体が

衰退していくのか?

あまりのスピード感に驚愕するしかない。

それにしても、世界的企業の危機感を煽る今の若者は本当にスゴイと感心するばかりだ。

ファンケルクラシックでゴルフシニアツアー初優勝2017年8月20日

米山プロ

地元の先輩でツアープロの米山 剛 先輩がファンケルクラッシックで

シニアツアー初優勝しました。

本当におめでとうございます。

仕事中でしたがテレビにかじりつき応援。

素晴らしプレーに感動しました。

米山プロ

真ん中がご本人です。

右が私です。この時はハゲてませんね。

今は、薬の影響で見事にハゲですが。

 

運気を上げる風水術(建築プラン編)2017年8月20日

運気を上げる風水術

今回は、運気が上がる風水

風水は、占いというより、日本の方位学の究極バージョン

建築プランを作成されるときご参考に。

 

 

風水術1:玄関は人間でいう口にあたる。

門と玄関が1直線上にあるのは避けるべき、あえて少々ずらすのが良好。玄関とトイレが1直線上に並んではいけない。特にトイレのドアが玄関に向くのはさらに凶。玄関の前に大きな木や電柱があるのは良くない。玄関や門が大きくて家が小さいのは良くない。

 

 

 

風水術2:リビング・ダイニングは家の機能の心臓。

広すぎるリビングは宜しくないとされている。ダイニングがトイレと寝室に向き合ってはいけない。

 

 

 

風水術3:キッチンは家族の健康をつかさどる。

キッチンを南西に置くのは大凶。コンロの火が外から見えるのは良くない。キッチンとダイニングは仕切るのが吉。

 

 

 

風水術4:トイレ・浴室は排泄口。

トイレを家の中心に置くと主人が病気になる。トイレのドアノブが北に向くのは良くない。風呂を寝室の隣に置くのは良くない。トイレを台所の隣におくのは良くない。

 

 

 

 

風水術5:寝室は玄関と並んで大切に。

寝室と台所が隣り合うのは良くない。箪笥長持ちを置くのは良くない。子供部屋は西にとってはいけない。東側が吉。

 

 

 

※上記の風水術がプラン的にできない場合は水槽を。

金魚か鯉を飼うことは、その家の人物の身代わりとなって不運を吸収してくれると信じられています。
理想的な組み合わせは8匹が黄金、または赤で、1匹が黒の金魚です。
飼う場所は寝室、トイレ、台所は避けて下さい。

簡単ではありますが、間取りで注意すべき点です。本来は生年月日や家宅方位を正確に測り、土地の運気も見なくてはなりませんが、詳しくは

小田原の株式会社ベストハウジングまで

金魚

 

...510...1516171819...25303540...