ブログ

相続税の申告漏れが多発?2020年1月17日

2019年6月までの1年間で全国の国税局が相続税の税務調査の結果を発表した。相続人から無申告だったのに申告漏れが見つかったケースが17事務年度比20.2%増の1232件に上り、追徴税額も同15.0%増の約101億円だった。

2015年に相続税基礎控除が引き下げられ申告が必要な課税対象者が増えたのが原因とされている。

そんな中「路線価に基づく相続財産の評価は不適切」とした東京地裁判決がでた。

川崎市のマンション2棟の相続税申告をめぐり路線価と実勢価格の乖離を指摘

国税側は「路線価による評価は適当ではない」と判断。不動産鑑定の価格を基に「相続税の申告漏れにあたる」と、相続人全体に計約3億円の追徴課税処分を行ったが、相続人らは取り消しを求めて提訴している。

 

昨年、行った小田原近郊の相続案件で税務所に問い合わせをしたところ

相続税の評価は実勢価格であり、実勢価格の根拠を示さなければならず

税務署の見解ではあくまでも実勢価格=路線価での評価との指導を受けた。(聞き間違いでなければ(笑))

前記の地裁の判決と矛盾している対応に驚きました。

なぜなら小田原市近郊の不動産取引価格は、人口減少と経済不況のあおりをうけ近年は下落基調が続き取引価格より安いとされる路線価の方が高い逆転現象が起こり納税額が実質増えるからです。

 

路線価が実勢価格を下回る時には、不動産鑑定評価、実勢価格より

路線価が高い場合は、路線価評価申告を指導する姿勢は理解に苦しむ。

小田原城一望2020年1月16日

小田原市民なら誰もが憧れる

高級住宅街城山

 

今回は、その城山にあるマンションをご紹介いたします。

外観画像

賃料85,000円

敷金2ヵ月

礼金1ヵ月

JR小田原駅徒歩4分で、南向きのお部屋

 

玄関に入ると眩いばかりの採光が、お部屋いっぱいに広がります。

1976年築のビンテージマンション

52.32㎡3DKの間取りはこちら↓

城山ファーストマンション

6帖の和室は趣があり一件ミスマッチにも思える洋家具を配置すれば

ワンランク上のお部屋にも変身します。(上級者コディで良く使う)

和室1

洋室のビンテージ建具も趣があります。

洋間1

younma

また、DIYにも対応致しますので、お気軽にお相談下さい。

何と言ってもこのお部屋の押しは眺望です。

お部屋から望む小田原城天守閣は一見の価値あり。

soto

また、バルコニーからは小田原の街と海が一望です。

新年のご挨拶2020年1月11日

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

今年は例年より仕事始めが遅かった為

ブログを書くのも、ついつい後回しになり

ご挨拶が遅くなりました。

 

今年は新年早々から衝撃のニュースが報道され驚きました。

世界の勢力図の主導権争いを巡り

トランプ大統領がカードを切りました。

 

ガセム・ソレイマニ氏の暗殺。

この暗殺はアメリカが世界に向け「なめてんと」こうなるよと

間接的に無言の圧力をかけた。

イランと共にアラビア海で三国軍事演習を行ったロシアと中国だが、

今回のゴタゴタにはそっぽ向いた。(国益を考えると当然)

 

イランは後ろ盾を失いアメリカには対抗しようがないので

結果、激下がりした株価は、何事もなかったように平静をとりもどし

アメリカの勝利となりました。

今年のアメリカは大統領選挙もありトランプさんは何を起こすか予想もつきません。

隣国に火種を抱える日本も中東情勢は他人ごととは思えませんね。

 

年末年始のお知らせ2019年12月28日

令和元年12月28日(土)~令和2年1月5日(日)まで休業とさせて頂きます。

PSYCHO-PASS2019年12月15日

近年インバウンドで沸く日本。

日本がカッコいい「クール」だという外国人が増えてきた理由の一つに

内閣府の「クールジャパン戦略」による情報発信があり

とくに若者に影響を与えているのはアニメだ。

私が子供の頃のアニメは、内容的には子供向けに作られており、いい大人が見るものではないという風潮までありましたが

最近ではお大人向けの風刺的な内容のモノも増えてきて、まさに「クール」に相応しいものもある。

そのなかで最近、見て面白い「クール」と感じたアニメが、PSYCHO-PASSだ。

 

※「PSYCHO-PASS」サイコパス

約90年後の日本の社会制度の話

厚生省がシュビラシステムというAIを使い人間を、精神状態、健康状態、個人の能力を

分析しスコアリングしそれを基に職業適性を示し、最適な人生を送れるよう支援を行う

包括的生涯福祉支援システムを描くSFアニメ

 

そんなサイコパスを視聴していて、聞きなれない言葉がでてきた。

「認知負荷」??

人間の脳は体重の約3%しかないが、1日の消費エネルギー全体の20%を消費する

臓器なので、人は本能で悩みたくない、楽をしたいとなるのです。

脳に決断を迫ると脳に疲れを感じる脳に負荷がかかる

これを認知負荷という。

 

この認知負荷を外部からコントロールして選挙での投票行動に影響をもたらせる内容の

シーンがあり

詩人ユウェナリスが古代ローマ社会を揶揄し詩篇中で表現したパンとサーカス

を引き合いに出した。

権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることをいう。

庶民に政治的関心を向けさせない。

愚民政策の例えとして用いられる警句です。

近年の3S政策にも通ずるものもあります。

作者が風刺的な表現を使い現代社会にも共通する問題を提起していると

考えさせられるシーンでした。

 

ちなみに最近のテレビを見ていると流行語になった○○チームとか

そのパレードとか、来年は東京○○○○○○とか

 

サーカスだらけでは?

 

福島原発はどうなったのか

汚染水やデブリは?廃炉は可能なのか?

被災地の今は?

臭いものには蓋をする的に

徹底して報道されませんね。

(あまり書くと非国民とか言われそうなので)

 

まあ、考えても脳が疲れるのでサーカスでも見るか・・・(笑)

 


 

日本よりさらに進んだ管理情報統制社会の

リアルPSYCHO-PASS中国

中国では顔認証システムと監視カメラを使い中国政府の市民管理が始まっている。

また、スコアリングは民間の信用情報機関でも運用がされていますが

スコアリングに関しても近い将来、中国政府の管理下で行われると思われます。

(実質は管理下になっている。かも?)