ブログ

お盆休み中に読んだ本(おすすめの2冊)2017年8月18日

まずは、ホリエモンこと堀江貴文氏が書いた

多動力。20万部も売り上げた話題の作品

文章が簡潔で読みやすくスキマ時間でも読み切れるボリュムです。

これからの教育・ビジネス・政治・人生観まで

ホリエモンらしく辛口でキレのある刺激的な内容で

下手な自己啓発本より実践的で具体性があり参考になります。

特に、これから就職や起業をされる若い方にお勧めの作品です。

DSC_0013

 

次にご紹介するのは

医師 川島朗氏著

医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか。

99%が抗がん剤を使わない。

現在、がんは2人1人罹患するといわれていますが、

運よく人間ドックや定期健診で発見され

早期に治療を行えば、根治する確率も上がりますが

いざ自分が罹患するとなれば話は別です

ショックで正しい判断ができない中、早期に治療法を決断しなくてはなりません

 

そんな時、検査方法や治療法、

医師と患者やその家族との考え方のギャップ

基礎的な知識が学習できるのが、この本の良い所

実際にがんに罹患した医師の闘病や治療法、がんに対しての考え方が参考になり

現代医療の限界やエビデンスの根拠(治験の数値)まで細かく解説してあり読みやすい。

また、これに付随して種類別がんの専門書やネット検索や闘病体験のブログ等で情報を集めれば失敗の少ない判断ができると思われます。

但し、順番が重要。まずは本書→種類別がんの専門書→ネット(治療法ガイドライン)

→ブログ体験談等

本書を読めば理由が分かります。

癌患者の方や、その家族、今現在、健康体の方でも50歳を超えた方は予備知識として読まれても損はないと思います。

DSC_0014

空き家対策は出来るのか?2017年8月17日

今現在、空き家は820万戸うち賃貸が430万戸、純粋に活用できていない

空き家が272万戸

物凄いペースで増えつつある。

そこで、行政が打ち出したのが、空き家増税と行政によるマッチング、事実上の仲介業だ。

空き家増税に関しては、放置空き家に指定された空き家は固定資産税の優遇が受けられず、納税額が6倍に跳ね上がる。

2016年度、勧告を受けた空き家は全国で210件と前年度の4倍に増加し、今後も増えると見込まれる。

一方、行政による仲介業では各市町村に専用の組織を設け空き家情報を一括して集め

売りたい人と買いたい人を仲介する、またメリットとして仲介手数料がない、

登録免許税と不動産取得税の軽減も(検討中)

空き家増税に関しては、効果はあると思われるのだが、

行政主体の仲介業に関しては疑問符がつく、もともと活用性や換金性がないから

空き家になるのだから、行政が情報を提供しても・・・・?

行政側に余程の企画力や発想力ある人材がいれば別だが、

そもそも、そのような人材は公務員には、ならないと思うのだが。

 

夏季休暇のお知らせ2017年8月10日

平成29年8月11日~平成29年8月16日

小田原市及び近隣市町村の不動産相場とこれから2017年8月7日

当社は土地を仕入れたり分譲したりするので市場相場の調査は大変重要な作業の1つなのですが、しばらくの間、入院していた為、小田原近郊の不動産相場が分からなくなり

同業者周りを開始した。

何故、足を使った人海戦術なのかというと

ポータルサイトやネットの情報と実際に取引される価格は乖離があり

生きた情報と言えないからである。

数件回るうちに分かった事は、ここ最近の小田原近郊で家を探されているお客様の動向が特殊だという事。

首都圏を中心に、現在では徒歩10分以内でないとなかなか売れないと聞き及んでいますが、

小田原近郊は違うようだ、駅から遠くても広くて値段さえ安ければ売れている。

それだけ、電車で通勤している方が少ないのか?

今後、買換えする予定がない方が多いのか?

また、この状況がいつまで続くのか分からなないのが厄介である。

現在は売れていても3か月先、半年先まで予測を立てないと、仕入れた時点では売れると予測をたてても、商品として仕上げ販売する時には、売れなくなるという事になったりもする。

現時点では自分の感覚で相場観を磨きながら決断していくしかないですが、

将来的には、AIがビックデーターから解析し正確に売れる売れないを判断する時代に

なるのではと思います。

5年に1度の免許更新2017年8月1日

宅地建物取引業を営むには宅建業の免許を取り

毎年、講習を受講し5年に1回の更新をしなければ

営業ができません。

DSC_0009

更新手続きは以前(今は郵送受け付けもあり)横浜まで行かねばならず、神奈川県の外れの

小田原からだと申請に行くだけで、1日仕事で書類に不備があれば、出直しするしかなく数日かかる場合もありました。

当社も、開業間もないころは,経費削減の為自社で更新手続きをしていましたが、効率を考えるとプロの行政書士に依頼する方が良いと、その後の更新はプロ任せです。

今回は横浜の行政書士に依頼しました。

更新申請は、有効期間満了日の90日前から30日前までに行わなければならず。

行政書士の先生が満了日ギリギリに事務所内の写真を撮りに来られたので、

 

私:先生、こんなギリギリで万が一、書類の不備等で間に合わない場合どうするのですか?

 

先生:私はプロなので不備などありません!!「ちょっとキレ気味」

 

スゴイ自信ですね。

その後、申請は受付が済み6回目の更新が無事終わりました。

後日、申請書の副本が先生から送られて合点がいった、

いままで依頼した行政書士の中で1番の出来だった。

これぞプロの仕事。

次回もお願いする事にします。

田舎の先生だと20万円位かかるところ(ほとんど言い値)

安い先生をネットで探し

今回、行政書士の手数料、証紙代、業者票等諸々10万円位で済みました。

 

12345...101520...